1. HOME
  2. 研究

研究

論文発表

2017

総説

  • 下肢リンパ浮腫患者における蜂窩織炎の管理.日本下肢救済・足病学会誌,9(1): 11-16, 2017.(須釜淳子,臺美佐子)

原著論文

  • 看護系大学における解剖生理学教育の実態調査.形態・機能,16(1): 8-18,2017.(向井加奈恵,山口豪,大島千佳,石田陽子,松田友美,竹野ゆかり,荒川満枝)
  • Objective assessment of leg edema using ultrasonography with a gel pad. Plos One, 12(8): e0182042, 2017. (Iuchi T, Kobayashi M, Tsuchiya S, Ohno N, Dai M, Matsumoto M, Ogai K, Sato A, Sawazaki T, Miyati T, Tanaka S, Sugama J)
  • Establishing a new appropriate intramuscular injection site in the deltoid muscle. Human Vaccines & Immunotherapeutics, 12(0), 2017. doi: 10.1080/21645515.2017.1334747. [Epub ahead of print] (Nakajima Y, Mukai K, Takaoka K, Hirose T, Morishita K, Yamamoto T, Yoshida Y, Urai T, Nakatani T)
  • Non-invasive longitudinal monitoring of angiogenesis in a murine full-thickness cutaneous wound healing model using high-resolution three-dimensional ultrasound imaging. Skin Research and Technology, 2017. DOI: 10.1111/srt.12374. [Epub ahead of print] (Mukai K, Zhu W, Nakajima Y, Kobayashi M, Nakatani T)
  • Relationship between sandals and diabetic foot ulcers in an outpatient clinic in Indonesia. The Diabetic Foot Journal, 20(2):83-88, 2017. (Yusuf S, Okuwa M, Rassa S, Laitung B, Kasim S, Irwan M, Sanada H, Nakatani T, Sugama J)
  • Effects of a skin barrier cream on management of incontinence-associated dermatitis in older women: A cluster randomized controlled trial. Journal of Wound Ostomy & Continence Nursing, 44(5):1-6, 2017. (Kon Y, Ichikawa-Shigeta Y, Iuchi T, Nakajima Y, Nakagami G, Tabata K, Sanada H, Sugama J)
  • Inter-rater and intra-rater reliability outcomes of a rapid bacteria counting system with pressure ulcer samples. Journal of Wound Care, 26(Sup2):S27-S31, 2017. (Nakagami G, Mori M, Yoshida M, Kitamura A, Hayashi A, Miyagaki T, Sasaki S, Sugama J, Sanada H)
  • 肥満マウスにおける円形皮膚全層欠損創の創形保持を目的とした板状皮膚保護材使用の有用性.形態・機能,15(2): 57-61, 2017.(浦井珠恵,浅野きみ,中島由加里,向井加奈恵,中谷壽男)
  • Lymph drainage during wound healing in a hindlimb lymphedema mouse model. Lymphatic Research and Biology, 15(1):32-38, 2017. (Komatsu E, Nakajima Y, Mukai K, Urai T, Asano K, Okuwa M, Sugama J, Nakatani T)
  • Relationship of skin hardness of the temporal region to nutritional status. Journal of Nursing Science and Engineering, 4(1):49-57, 2017. (Uehata Y, Yoshida M, Yabunaka K, Minematsu T, Tamai N, Sugama J, Sanada H)
  • Effectiveness of changing the application of Japanese honey to a hydrocolloid dressing in between the inflammatory and proliferative phases on cutaneous wound healing in male mice. Wounds, 29(1):1-9, 2017. [Epub 2016 Oct 24] (Mukai K, Komatsu E, Yamanishi M, Hutakuchi M, Kanzaka K, Uno Y, Yamazaki S, Kato S, Yamamoto T, Hattori M, Nakajima Y, Urai T, Asano K, Murakado N, Okuwa M, Nakatani T)

2016

原著論文

  • 糖尿病患者のフットケア行動のセルフエフィカシー、潰瘍のリスクおよび皮膚症状との関連:J-FCCSを用いて.日本フットケア学会雑誌,14(3):101-106, 2016.(堂道香織,近藤愛子,田中星奈,新田彩音,林亜紀,前山智代実,山本瞳,臺美佐子,正源寺美穂,大桑麻由美)
  • Differences in the working pattern among wound, ostomy, and continence nurses with and without conducting the specified medical act: a multicenter time and motion study. BMC nursing, 15:69, 2016. doi: 10.1186/s12912-016-0191-1. (Sakai Y, Yokono T, Mizokami Y, Sanada H, Okuwa M, Nakatani T, Sugama J)
  • Increased level of tumour necrosis factor-alpha (TNF-α) on the skin of Japanese obese males: measured by quantitative skin blotting. International Journal of Cosmetic Science, 38(5):462-469, 2016. (Ogai K, Matsumoto M, Aoki M, Minematsu T, Kitamura K, Kobayashi M, Sanada H, Sugama J)
  • Development and assessment of air mattress with independent air cell pressure control responsive to interface pressure distribution. Journal of Japanese Society Wound, Ostomy, and Continence Management, 20(3):300-9, 2016. (Hori N, Tamai N, Noguchi H, Nakagami G, Sugama J, Mori T, Sanada H)
  • Evaluation of effects of topical estradiol benzoate application on cutaneous wound healing in ovariectomized female mice. PLoS ONE, 11(9):e0163560, 2016. (Mukai K, Urai T, Asano K, Nakajima Y, Nakatani T)
  • 17β-Estradiol administration promotes delayed cutaneous wound healing in 40-week ovariectomised female mice. International Wound Journal, 13(5):636-644,2016. (Mukai K, Nakajima Y, Urai T, Komatsu E, Nasruddin, Sugama J, Nakatani T)
  • The relationship between cutaneous wounds made on obese mice or those with decreased body weight and serum leptin level. Health, 8(11): 1015-28, 2016. (Urai T, Haryanto, Mukai K, Matsushita T, Asano K, Nakajima Y, Okuwa M, Sugama J, Nakatani T)
  • Relationship between Dermal Structural Changes on Ultrasonographic Images and Skin Viscoelasticity in Overweight and Obese Japanese Males. Health, 8(11): 1029-1039, 2016. (Matsumoto M, Ogai K, Aoki M, Yokogawa M, Tawara M, Sugama J, Minematsu T, Nakagami G, Dai M, Sanada H)
  • 非侵襲的陽圧換気療法のマスク密着部の皮膚変化の実態把握調査-換気療法を行わずにマスクを装着した健康成人の皮膚の変化-.看護理工学会誌,3(2): 109-117,2016.(藤本由美子,大桑麻由美,酒井透江,浦井珠恵,青木未来,定塚佳子,丸谷晃子,松本勝)
  • New quantitative indicators of evaluating the skin care regimen for older adults with dry skin by using the degital image analysis. Jounal of Nursing Science and Engineering, 3: 93-100, 2016. (Nitta S, Matsumoto M, Sugama J, Nakagami G, Okuwa M, Nakatani T, Sanada H)
  • Evaluation of Validity of The New Diabetic Foot Ulcer Assessment Scale in Indonesia. Wound Repair and Regeneration, 2016 Jul 11. doi: 10.1111/wrr.12464. (Arisandi D, Oe M, Roselyne Yotsu R, Matsumoto M, Ogai K, Nakagami G, Tamaki T, Suriadi, Sanada H, Sugama J)
  • Relationship between maceration and wound healing on diabetic foot ulcers in Indonesia: a prospective study. International Wound Journal, 2016 Jul 10. doi: 10.1111/iwj.12638. (Haryanto H, Arisandi D, Suriadi S, Imran I, Ogai K, Sanada H, Okuwa M, Sugama J)
  • Dermal Structure in Lymphedema Patients with History of Acute Dermatolymphangioadenitis Evaluated by Histogram Analysis of Ultrasonography Findings: A Case-Control Study. Lymphatic research and biology, 14(1):2-7, 2016. doi: 10.1089/lrb.2015.0020. (Dai M, Sato A, Maeba H, Iuchi T, Matsumoto M, Okuwa M, Nakatani T, Sanada H, Sugama J)
  • Prevalence and Risk Factor of Diabetic Foot Ulcers in a Regional Hospital, Eastern Indonesia. Open Journal of Nursing, 6 (1):1-10, 2016. doi:10.4236/ojn.2016.61001 (Yusuf S, Okuwa M, Irwan M, Rassa S, Laitung B, Thalib A, Kasim S, Sanada H, Nakatani T, Sugama J.)

実践報告

  • 各種ポケットエコーによる経時的な膀胱内尿量および残尿評価の試み.看護理工学会誌,3(2): 118-122,2016.(正源寺美穂,臺美佐子,須釜淳子,福村友香,島田啓子)

2015

原著論文

  • 緩和ケア領域における浮腫保有状況.リンパ浮腫管理の研究と実践,3(1): 16-21, 2015.(丸谷晃子,大桑麻由美)
  • 皮膚・排泄ケア認定看護師経験年数別にみた褥瘡管理に関する調整力自己評価尺度の活用可能性の検討.日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌,20(1): 32-42, 2016(横野知江, 真田弘美, 須釜淳子, 紺家千津子, 大桑麻由美, 松井優子, 松尾淳子, 木下幸子, 市川佳映, 貝谷敏子, 佐藤文, 藤本由美子)
  • Development and evaluation of a self-regulating alternating pressure air cushion. Disabil Rehabil Assist Technol, 10(2):165-9, 2015. (Nakagami G, Sanada H, Sugama J)
  • 未経験者による三角筋筋肉内注射の位置決め器具の使用に関する正確性と簡便性の生体での検討.形態・機能.14(2):75‐83(向井加奈恵,小松恵美,中島由加里,浦井珠恵,浅野きみ,中谷壽男)
  • Evaluation of the automatic bottoming-out releasing system in the automatic self-regulating alternating pressure air-cell wheelchair cushion. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌, 19(4):365-377, 2015. (Fukuda M, Tabata K, Nishizawa T, Dai M, Nakagami G, Noguchi H, Nakatani T, Okuwa M, Sanada H, Sugama J)
  • Inter-rater reliability of the AFTD-pitting test among elderly patients in a long-term medical facility. Lymphoedema Research and Practice, 3(1): 1-7, 2015. (Dai M, Sugama J, Tsuchiya S, Sato A, Matsumoto M, Iuchi T, Maeba H, Okuwa M, Sanada H, Moffatt J.C)
  • Effect of orientation of vibration on leg blood flow in healthy women. Lymphoedema Research and Practice, 3(1):8-15, 2015. (Iuchi T, Noguchi H, Yokono T, Matsui K, Sugama J)
  • Risk factors of non-invasive positive pressure ventilation therapy mask related pressure ulcers. Journal of the Tsuruma Health Science Society, Kanazawa University, 9(2):37-50, 2015. (Fujimoto Y, Okuwa M, Nakatani T, Sanada H, Sato A)
  • A cross-sectional study of elderly individuals with oedema and skin injuries at long-term care facilities. Journal of the Tsuruma Health Science Society, Kanazawa University, 39(2):63-73, 2015. (Sato A, Dai M, Fujimoto Y, Saldy Y, Tsuchiya S, Iuchi T, Tabata K, Yamashita A, Nakatani T, Sanada H, Sugama J)
  • 特定行為を実施する皮膚・排泄ケア認定看護師による安全の確保に関する行動の特徴.日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌.19(3):309-318(酒井透江,横野知江,溝上祐子,藤本由美子,佐藤文,大桑麻由美,須釜淳子,真田弘美)
  • 介護療養型医療施設におけるIncontinence-Associated Dermatitis(IAD)の有病率および 看護ケア、組織体制との関連.日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌.19(3):309-318(市川佳映,須釜淳子)
  • Assessment of the interstitial fluid in the subcutaneous tissue of healthy adults using ultrasonography. Open Sage Medicine, January-December, 2015, doi:10.1177/2050312115613351 (Ueda-Iuchi T, Ohno N, Miyati T, Dai M, Okuwa M, Nakatani T, Sanada H, Sugama J)
  • Anatomical investigation of position of crossing of superficial branch of radial nerve and cephalic vein and its frequency. Structure and Function,14(1):3-11,2015.(Mukai K, Komatsu E, Urai T, Nakajima Y, Asano K, Ozaki N, Nakatani T)
  • A Simple Technique to Improve Contractile Effect of Cold Plasma Jet on Acute Mouse Wound by Dropping Water.Plasma Processes and Polymers 2015 Mar 30. doi: 10.1002/ppap.201400236.[Epub ahead of print](Nasruddin, Nakajima Y, Mukai K, Komatsu E, Setyowati H Esti Rahayu, Muhammad Nur, Ishijima T, Enomoto H, Uesugi Y, Sugama J, Nakatani T)
  • Cost-utility analysis of an advanced pressure ulcer management protocol followed by trained wound, ostomy, and continence nurses. Wound repair and regeneration, 2015 Aug 18. doi: 10.1111/wrr.12350. [Epub ahead of print] (Kaitani T, Nakagami G, Iizaka S, Fukuda T, Oe M, Igarashi A, Mori T, Takemura Y, Mizokami Y, Sugama J, Sanada H)
  • Development of an improved method for quantitative analysis of skin blotting: increasing reliability and applicability for skin assessment. Int J Cosmet Sci. 2015. doi: 10.1111/ics.12217. [Epub ahead of print] (Ogai K, Matsumoto M, Minematsu T, Kitamura K, Kobayashi M, Sugama J, Sanada H.)
  • Effectiveness of a non-invasive pressure ulcer undermining measuring device. Jounal of nursing science and engineering. 2015;2(2):99-106. ( Konya C, Sugama J, Akizuki H, Sanada H)
  • Evaluation of an advanced pressure ulcer management protocol followed by trained wound, ostomy, and continence nurses: a non-randomized controlled trial. Chronic wound care management and research, 2015(2):39-51, 2015. (Kaitani T, Nakagami G, Sugama J, Tachi M, Matsuyama Y, Miyachi Y, Nagase T, Takemura Y, Sanada H)
  • Development and evaluation of a self-regulating alternating pressure air cushion. Disability and Rehabilitation: Assistive Technology, 10(2):165-9, 2015. (Nakagami G, Sanada H, Sugama J)
  • Vibration inhibits deterioration in rat deep-tissue injury through HIF1-MMP axis. Wound repair and regeneration, 2015 Mar 20. doi: 10.1111/wrr.12286. [Epub ahead of print]. (Sari Y, Sanada H, Minematsu T, Nakagami G, Nagase T, Huang L, Noguchi H, Mori T, Yoshimura K, Sugama J)
  • Establishment of a novel rat model for deep tissue injury deterioration. International wound journal, 12(2):202-9, 2015. (Sari Y, Minematsu T, Huang L, Noguchi H, Mori T, Nakagami G, Nagase T, Oe M, Sugama J, Yoshimura K, Sanada H)
  • Evaluation of the Effects of a Combination of Japanese Honey and Hydrocolloid Dressing on Cutaneous Wound Healing in Male Mice, Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine, 2015, Article ID 910605, 2015.(doi:10.1155/2015/910605)
    ( Mukai K, Koike M, Nakamura S, Kawaguchi Y, Katagiri F, Nojiri S, Yamada Y, Miyajima E, Matsumoto M, Komatsu E, Nakajima Y, Urai T, Murakado N, Nakatani T. )
  • 特殊体位手術用高反発ウレタンフォームマットレスの褥瘡予防の評価.日本褥瘡学会誌,17(1):1-9,2015(熊谷あゆ美,平内美雪,松井優子,紺家千津子,島田賢一,川上重彦,須釜淳子)
  • Associations Between the Treatments and Outcomes of Patients with Upper and Lower Lymphoedema in Japan: A Cross-Sectional Observational Study. International Journal of Nursing Studies, 52(5):913-919, 2015. (Iuchi T, Dai M, Sanada H, Okuwa M, Nakatani T, Sugama J.)
  • Microclimate and development of pressure ulcers and superficial skin changes, Int Wound J,12(1),40-46,2015.(Yusuf S, Okuwa M, Shigeta Y, Dai M, Iuchi T, Rahman S, Usman A, Kasim S, Sugama J, Nakatani T, Sanada H. )
  • Clinical validity of the estimated energy requirement and the average protein requirement for nutritional status change and wound healing in older patients with pressure ulcers: A multicenter prospective cohort study. Geriatr Gerontol Int. 2015. doi: 10.1111/ggi.12420.[Epub ahead of print] (Iizaka S, Kaitani T, Nakagami G, Sugama J, Sanada H.)
  • 意識障害のある寝たきり高齢者における24時間の睡眠評価とバイタルサインズの モニタリング.看護理工学会誌,2(1): 47-53, 2015(松本勝, 大貝和裕,根本 鉄,栗田俊治,須釜淳子)
  • 糖尿病患者における皮膚外観を用いた下肢血流低下アセスメント指標の評価.看 護理工学会誌,2(1): 32-39, 2015(大桑麻由美,油谷和恵,鈴木基子,前馬宏 子,藤本由美子,臺美佐子,須釜淳子)
  • 糖尿病患者の糖尿病用治療靴作製と着用継続に関するプロセス,看護理工学会誌, 2(1): 15-24, 2015(山田案美加,大江真琴,大橋優美子,雨宮歩,高野学,野 口博史,玉井奈緒,西澤知江,植木浩二郎,門脇孝,森武俊,真田弘美)
  • The Nature of Sleep in 10 Bedridden Elderly Patients With Disorders of Consciousness in a Japanese Hospital. Biological Research for Nursing,17 (1), 13-20, 2015. (Matsumoto M, Sugama J, Nemoto T, Kurita T, Matsuo J, Dai M, Ueta M, Okuwa M, Nakatani T, Tabata K, Sanada H.)

2014

原著論文

  • Imaging of interstitial fluid in skin and subcutaneous tissue using dual-frequency ultrasonography before and immediately after lymph drainage in breast cancer-related lymphedema patients. Journal of the Tsuruma Health Sci. Med. Kanazawa Univ., 37(2):13-21, 2014. (Dai M, Katayama M, Sugama J, Okuwa M, Ueyama T, Minamiyama T, Ota K, Iuchi T, Matsumoto M, Nakatani T, Sanada H)
  • Improvement of a prototype device using near-infrared light to visualize invisible veins for peripheral intravenous cannulation in healthy subjects. Journal of the Tsuruma Health Sci. Med. Kanazawa Univ., 38(1):11-19, 2014. (Kimori K, Nakayama K, Miyachi T, Nakatani T, Sugama J)
  • Interface pressure, pressure gradient with pressure ulcer development in Intensive Care Units. Journal of Nursing Education and Practice, 4(9):146-154, 2014. (Supriadi, Nishizawa T, Fukuda M, Kon Y, Matsuo J, Suriadi, Okuwa M, Nakatani T, Sugama J, Sanada H)
  • Development of a health service evaluation dataset for lymphedema patients and assessment of its content-related validity and operability. Lymphedema Research and Practice. 2(1): 1~9, 2014. (Iuchi T, Dai M, Sakai Y, Nakagami G, Sanada H, Okuwa M, Nakatani T, Christine J. Moffatt, Sugama J.)
  • The effect of 17β-Eetradiol on cutaneous wound healing in protein-malnourished ovariectomized female mouse model:PLoS ONE 9(12): e115564, Dec 2014. doi:10.1371/journal.pone.0115564 (Mukai K, Komatsu E, Nakajima Y, Urai T, Nasruddin, Sugama J, Nakatani T.)
  • Incidence of skin tears in the extremities among elderly patients at a long-term medical facility in Japan: A prospective cohort study. Geriatr Gerontol Int. 2014. doi: 10.1111/ggi.12405. (Sanada H, Nakagami G, Koyano Y, Iizaka S, Sugama J.)
  • 褥瘡保有者の退院前後連携における皮膚・排泄ケア認定看護師参画の効果.日本褥瘡学会会誌.16(4):528-537,2014.(栃折綾香、須釜淳子、大桑麻由美、西澤知江、真田弘美、南由起子、池野二三子)
  • ご遺体での三角筋筋注部位の位置決め器具の有用性と決定した筋注部位の安全性の検討.形態・機能.13(1):17-24,2014(小松恵美, 向井加奈恵, 中島由加里, 尾崎紀之, 中谷壽男)
  • Risk Assessment tool for incontinence-associated dermatitis in elderly patients combining tissue tolerance and perineal environment predictors: a prospective clinical study, Chronic wound care management and research, 2014(1), 41-47.(doi: http://dx.doi.org/10.2147/CWCMR.S71122.) (Ichikawa Y, Sanada H, Konya C, Yusuf S, Supriadi, Sugama J.)
  • Structural changes in dermal collagen and oxidative stress levels in the skin of Japanese overweight males. International Journal of Cosmetic Science, 36 (5), 477-484, 2014 (Matsumoto M, Ibuki A, Minematsu T, Sugama J, Horii M, Ogai K, Nishizawa T, Dai M, Sato A, Fujimoto Y, Okuwa M, Nakagami G, Nakatani T, Sanada H. )
  • Cold plasma on full-thickness cutaneous wound accelerated healing through promoting inflammation, re-epithelialization and wound contraction. Clinical Plasma medicine, 2(1), 28-35, 2014(DOI: 10.1016/j.cpme.2014.01.001) (Nasruddin, Nakajima Y, Mukai K, Setyowati H Esti Rahayu, Muhammad Nur, Ishijima T, Enomoto H, Uesugi Y, Sugamag J, Nakatani T.)
  • Comparison of the cutaneous wound healing of ovariectomized mouse at 12 weeks with that of SHAM and estrogen-administered mice. Journal of Hormones, vol. 2014, Article ID 484258, 6pages (Mukai K, Miyasaka Y, Takata K, Urai T, Nakajima Y, Komatsu E, Sugama J, Nakatani T)
  • Using an extreme bony prominence anatomical model to examine the influence of bed sheet materials and bed making methods on the distribution of pressure on the support surface. J Tissue Viability, 23, 60-68, 2014. (Iuchi T, Nakajima Y, Fukuda M, Matsuo J, Okamoto H, Sanada H, Sugama J.)
  • Skin blotting: a noninvasive technique for evaluating physiological skin status. Advances in skin & wound Care,27(6),272-9,2014(Minematsu T, Horii M, Oe M, Sugama J, Huang L, Nakagami G, Sanada H.)
  • 健康成人を対象にした点滴静脈内注射の血管外漏出モデルにおけるサーモグラフィー画像の分析.看護理工学会誌.1(1):4-11,2014(松井優子, 村山陵子, 田邊秀憲, 大江真琴, 福田守良, 元雄良治, 我妻孝則, 木下幸子, 坂井恵子, 紺家千津子, 須釜淳子, 真田弘美)
  • Nutrition-related status and granulation tissue colour of pressure ulcers evaluated by digital image analysis in older patients. Journal of Wound Care, 23(4):198-206, 2014(Iizaka S, Koyanagi H, Sasaki S, Sekine R, Konya C, Sugama J, Sanada H.)
  • 急性GVHD(移植片対宿主病)の皮膚の実態に関する研究-移植直後からの皮膚の経時的変化の特徴-.日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌.18(1):9-19,2014(西尾奈緒美,松井優子,北川敦子,須釜淳子,真田弘美)
  • Physiological and appearance characteristics of skin maceration in elderly women with incontinence. Journal of Wound Care, 23(1), 18-30, 2014 (Ichikawa-Shigeta Y, Sugama J, Sanada H, Nakatani T, Konya C, Nakagami G, Minematsu T, Yusuf S, Supriadi, Mugita Y.)
  • Influence of differences in washing methods on skin texture. International Journal of Cosmetic Science, 36(2), 175-181, 2014. (Matsumoto M, Matsuo J, Dai M, Nishizawa T, Matsui K, Ichikawa Y, Okuwa M, Sugama J, Sanada H.)
  • 超音波画像による大腸内に貯留した便とガスの比較検討. 超音波検査技術. 2014;38(6):605-613. (藪中幸一, 松尾淳子, 原明子, 仲上豪二朗, 須釜淳子, 真田弘美)
  • The Effect of 17β-Estradiol Administration on Cutaneous Wound Healing in 24-Week Ovariectomized Female Mice. Journal of Hormones. Volume 2014, Article ID 234632, 8 pages (Mukai K, Nakajima Y, Urai T, Komatsu E, Takata K, Miyasaka Y, Nasruddin, Sugama J, Nakatani T.)

2013

原著論文

  • 終末期がん患者における褥瘡の形態的特徴と経過および悪化要因.日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌,17(4): 294-303, 2013. (青木和惠,松井優子,北川敦子,須釜淳子,真田弘美)
  • Heel blood flow during loading and off-loading in bedr学会idden older adults with low and normal ankle-brachial pressure index: a quasi-experimental study. Biol Res Nurs, 15(3): 285-291, 2013. (Masaki N, Sugama J, Okuwa M, Inagaki M, Matsuo J, Nakatani T, Sanada H)
  • 地域住民の女性に対する筋肉量と骨量の評価および健康行動との関連:サルコぺニア予防に向けた保健指導の必要性.金沢大学つるま保健学会誌.37(1):55-61,2013.(臺美佐子、西澤知江、松井希代子、前場宏子、須釜淳子)
  • Evaluation of the Effects of Honey on Acute-Phase Deep Burn Wounds. Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine, Volume 2013, Article ID 784959, 20 pages (Nakajima Y, Mukai K, Nasruddin, Komatsu E, Iuchi T, Kitayama Y, Sugama J, Nakatani T.)
  • Is estrogen effective for full-thickness cutaneous wound healing in young mice? WOUNS, 25(10): 278-286. 2013(Nakajima Y, Eno Y, Hirata M, Kobori S, Sugiura A, Takeuchi M, Taniguchi M, Tanisaki M, Hayashi A, Hikishima K, Matsuo N, Wada N, Mukai K, Murakado N, Okuwa M, Nakatani T.)
  • Non-invasive monitoring of core body temperature rhythms over 72h in 10 bedridden elderly patients with disorders of consciousness in a Japanese hospital: A pilot study. Archives of Gerontology and Geriatrics, 57(3):428-32.,2013. (Matsumoto M, Sugama J, Okuwa M, Dai M, Matsuo J, Sanada H.:)
  • 生体における股関節屈曲0°、45°、90°位置での新殿筋注点とクラークの点との比較.形態・機能.11(2):109-15(中島由加里,向井加奈恵,小松恵美,井内映美,北山幸枝,中谷壽男)
  • 解剖学におけるゲル注入にほる新殿筋注点の安全性の検証と超音波診断装置にいよる刺入の深さの検討.形態・機能.11(2):102-7(中島由加里,井内映美,向井加奈恵,小松恵美,北山幸枝,尾崎紀之,中谷壽男)
  • 本学会に参加した2年間を振り返ってー学生の立場からー.形態・機能.11(2):79(中島由加里)
  • Effects of three types of Japanese honey on full-thickness wound in mice. Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine, Volume 2013, Article ID 504537, 11 pages (Nakajima Y,NakanoY, Fuwano S, Hayashi N, Hiratoko Y, Kinoshita A, Miyahara M, Mochizuki T, Nishino K, Tsuruhara Y, Yokokawa Y, Iuchi T, Kon Y, Mukai K, Kitayama Y,Murakado N, Okuwa M, Nakatani T)
  • 終末期がん患者の体圧分散マットレスに対する意向とその選択のプロセス. 看護実践学会誌.25(1):27-38.2013(丸谷晃子,西澤知江,岩崎清美,大桑麻由美,須釜淳子)
  • ダイナミック型車椅子クッション使用における褥瘡治癒評価―左坐骨結節部D3褥瘡を有する高齢者の1事例-.看護実践学会誌.25(1):96-101,2013.(福田守良,田端恵子,市川佳映,須釜淳子)
  • 高齢者用多機能系統圧切り替え型新車椅子クッションの圧分散とズレ度の評価.看護実践学会誌..25(1):90-95.2013.(道下直美,大林浩美,坂東純子,福田守良,松尾淳子,大桑麻由美,須釜淳子)
  • Addition of vibration to simple lymphatic drainage in the management of breast cancer-related lymphedema: A randomised controlled cross over pilot study.Journal of Society of Nursing Practice, 25(1):.58-66.2013(Dai M, Okuwa M, Katayama M, Nakatani T, Ueyama T, Minamiyama T, Iuchi T, Higi K, Sugama J,Sanada H)

2012

原著論文

  • 一中規模企業の情報通信業労働者に対するWebストレスマネジメントプログラムの実行可能性の検討. 金沢大学つるま保健学会誌. 36(2):67-71,2012(西澤知江,河合薫,中山和弘,戸ヶ里泰典,須釜淳子,大竹茂樹 )
  • 一中規模企業労働者のメンタルヘルスに関する実態調査. 金沢大学つるま保健学会誌. 35(1): 67-70, 2011.(西澤知江, 須釜淳子, 河合薫, 繁田佳映,,光村実香,大竹茂樹)
  • 留置カテーテル用末梢静脈可視化装置の開発-光による静脈透過システムの可視性評価ー.金沢大学つるま保健学会誌.36(2):57-66,2012(木森佳子, 須釜淳子,宮地利明,中山和也)
  • Estimation of protein requirements according to nitrogen balance for older hospitalized adults with pressure ulcers according to wound severity in Japan. J Am Geriatr Soc. 2012 Oct 30. doi:10.1111/j.1532-5415.2012.04202.x(Iizaka S, Matsuo J, Konya C, Sekine R, Sugama J, Sanada H.)
  • Predictive validity of granulation tissue color measured by digital image analysis for deep pressure ulcer healing: a multicenter prospective cohort study. Wound Repair Regen. 2012 Oct 30. doi:10.1111/j.1524-475X.2012.00841.x (Iizaka S, Kaitani T, Sugama J, Nakagami G, Naito A, Koyanagi H, Konya C, Sanada H.)
  • 褥瘡発生から治癒までの滲出液量と面積変動の関係.日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌.16(3):258-283,2012(秋月仁美,須釜淳子, 紺家千津子, 真田弘美, 田端恵子)
  • 新マルチパッド型簡易体圧測定器の臨床における信頼性と妥当性の検討.褥瘡学会誌.14(2)::129ー13,2012(大桑麻由美,Saldy Yusuf, Supriadi,熊谷あゆ美,飯坂真司,須釜淳子,真田弘美)
  • Predictive validity of weekly monitoring of wound status using DESIGN-R score change for pressure ulcer healing: A multicenter prospective cohort study. Wound repair and regeneration, 20(4):473-81, 2012 (Iizaka S, Sanada H, Matsui Y, Furue M, Tachibana T, Nakayama T, Sugama J, Furuta K, Tachi M, Tokunaga K, Miyachi Y:Scientific Education Committee of the Japanese Society of Pressure Ulcers.)
  • Efficacy of an improved absorbent pad on incontinence-associated dermatitis in older women: cluster randomized controlled trial. BMC Geriatrics 2012, 12:22. (29 May 2012)(Sugama J, Sanada H, Shigeta Y, Nakagami G, Konya C)
  • Heel Blood Flow During Loading and Off-Loading in Bedridden Older Adults With Low and Nomal Ankle-Brachial Pressure Index A Quasi-Experimental Study. Biological Research for Nursing, Jul;15(3):285-91, 2013 (Masaki N, Sugama J, Okuwa M, Inagaki M, Matsuo J, Nakatani T, Sanada H.)
  • Effectiveness of Indonesian honey on the acceleration of cutaneous wound healing: an experimental study in mice. WOUNDS, 24(4):110–119, 2012 (Haryanto,Urai T, Mukai K, Suriadi, Sugama J, Nakatani T).
  • 脊髄損傷者の褥瘡再発に対する認識と再発のプロセス-12症例のインタビューからの検討‐.日本褥瘡学会誌.14(1):49-57,2012(貝谷敏子,西澤知江,大江真琴,玉井奈緒,岡部勝行,真田弘美)
  • The effect of isoflavone-daidzein oral medication on cutaneous wound healing in female ovariectomized mice.形態・機能,10(2):96-102,2012(Mukai K, Nagasawa M, Nakamura E, Nishida N, Hori A, Yagi Y, Yamagishi A, Watanabe A, Urai T, Takada K, Hara Y, Nakajima Y, Okuwa M, Shogenzi M, Nakatani T)
  • キトサンオリゴ糖の腹膜腔内投与により誘発される腹膜炎の組織像.形態・機能,10(2):75-81,2012(向井加奈恵,浅野きみ,中島由加里,高田佳奈,原由里子,浦井珠恵,松尾淳子,中谷壽男)
  • 新しい殿部筋肉内注射部位「新殿筋注点」と従来のクラークの点との生体における比較から得られた安全な殿部筋肉内注射部位の検討.形態・機能,10(2):65-72,2012(中島由加里,向井加奈恵,今有香,井内映美,北山幸枝,大桑麻由美,中谷壽男)
  • 新しい殿部筋肉内注射部位「新殿筋注点」と従来のクラークの点との解剖体による比較研究.形態・機能,10(2):101-107,2012(中島由加里、向井加奈恵、今有香、北山幸枝、大桑麻由美、尾崎紀之、中谷壽男)

2011

原著論文

  • 皮膚・排泄ケア認定看護師が褥瘡管理体制を組織化するための調整力自己評価尺度開発における初期的研究~質的帰納的研究成果に基づいた尺度項目の信頼性と妥当性の検証~.日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌,15(4):282-291,2011(西澤知江,戸ヶ里泰典,真田弘美,須釜淳子)
  • Evaluation of nutritional status and skin condition among elderly residents in a long-term care hospital. J Nutr Health Aging, 16(1):107-11, 2012.(Iizaka S, Jiao L, Sugama J, Minematsu T, Oba M, Matsuo J, Tabata K, Sugiyama T, Sanada H)
  • Skin fragility in obese diabetic mice: possible involvement of elevated oxidative stress and upregulation of matrix metalloproteinases. Experimental Dermatology,Epub ahead of print Nov 4 2011 (Ibuki A, Akase T, Nagase T, Minematsu T, Nakagami G, Horii M, Sagara H, Komeda T, Kobayashi M, Shimada T, Aburada M, Yoshimura K, Sugama J, Sanada H.)
  • 四点支持器を用いた腹臥位手術における圧力と褥瘡発生との関係.褥瘡会誌,13(4):576-582,2011(熊谷あゆ美,須釜淳子,大桑麻由美,奥田鉄夫,垣内紀子,神野亜紀子,中谷壽男)
  • Use of ultrasound in assessment of necrotic tissue in pressure ulcers with adjacent undermining.Journal of Wound Care, 20(11),:1-5, 2011(Ueta M, Sugama J, Konya C, Matsuo J, Matsumoto M, Yabunaka K, Nakatani T, Tabata K)
  • 全層欠損褥瘡に対する定量的な滲出液量推定アルゴリズムの開発. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌,15(3):231-8,2011(飯坂真司,仲上豪二朗,内藤亜由美,小柳礼恵,松尾淳子,紺家千津子,須釜淳子,真田弘美)
  • Clinical wound assessment using DESIGN-R total score can predict pressure ulcer healing: Pooled analysis from two multicenter cohort studies. Wound Repair Regen. 19(5):559-67,2011.(Sanada H, Iizaka S, Matsui Y, Furue M, Tachibana T, NakayamaT, Sugama J, Furuta K, Tachi M, Tokunaga K , Miyachi Y)
  • 第3期学術教育委員会報告-DESIGN-R 合計点変化の予測妥当性.日本褥瘡学会誌,13(2):178-184,2011.第3期学術教育委員会 DESIGN改訂グループ(古江増隆,真田弘美,立花隆夫,須釜淳子,館正弘,徳永恵子,中山健夫,古田勝経,松井優子,宮地良樹),解析担当(飯坂真司)
  • デュアルフィットエアセルマットレス使用時の褥瘡予防と寝心地の評価―心臓・大血管術後患者におけるランダム化比較試験.褥瘡会誌,13(2):142-149,2011.(丸谷晃子,須釜淳子,真田弘美,大桑麻由美,岩崎清美,小西千枝)
  • Concurrent validation and reliability of digital image analysis of granulation tissue color for clinical pressure ulcers. Wound Repair and Regeneration,Epub ahead of print Apr 21 2011.(Iizaka S, Sugama J, Nakagami G, Kaitani T, Naito A, Koyanagi H, Matsuo J, Kadono T, Konya C, Sanada H.)
  • 末梢静脈カテーテル留置において目視困難な静脈を確実・安全に穿刺するための基礎研究―血管径・深さ・皮膚色の非侵襲的計測―.日本看護技術学会誌,10(1):103-110,2011.(木森佳子,須釜淳子,中谷壽男,福田汐里,宮地利明,紺家千津子,大桑麻由美,真田弘美)
  • Development of the DESIGN-R with an observational study: An absolute evaluation tool for monitoring pressure ulcer wound healing. Wound Repair and Regeneration,19(3),309-315,2011.(Matsui Y, Furue M, Sanada H, Tachibana T, Nakayama T, Sugama J, Furuta K, Tachi M, Tokunaga K, Miyachi Y)
  • Aging enhances maceration-induced ultrastructural alteration of the epidermis and impairment of skin barrier function. Journal of dermatological science, Epub ahead of print Mar 23 2011.(Minematsu, T, Yamamoto, Y, Nagase, T, Naito, A, Takehara, K, Iizaka, S, Komagata, K, Huang, L, Nakagami, G, Akase, T, Oe, M, Yoshimura, K, Ishizuka, T, Sugama, J, Sanada, H)
  • Aging-Like Skin Changes Induced by Ultraviolet Irradiation in an Animal Model of Metabolic Syndrome.Biological research for nursing, Epub ahead of print Mar 28 2011.(Akase, T, Nagase, T, Huang, L, Ibuki, A, Minematsu, T, Nakagami, G, Ohta, Y, Shimada, T, Aburada, M, Sugama, J, Sanada, H)
  • 車いすクッションの開発を通して見えた看護学の社会的価値.インターナショナルナーシングレビュー,34(2):46-51,2011.(仲上豪二朗,須釜淳子,真田弘美)
  • 20歳代から50歳代成人における肥満と皮膚との関係.看護実践学会誌,23(1):24-9,2011.(須釜淳子,繁田佳映,福田汐里,松尾淳子,北川敦子,紺家千津子,村澤恵理,瀬籐美穂,岡田美幸,松岡奈緒美)
  • Contribution of quorum sensing to the virulence of Pseudomonas aeruginosa in pressure ulcer infection in rats. Wound repair and regeneration,19(2),214-22,2011.(Nakagami, G, Morohoshi, T, Ikeda, T, Ohta, Y, Sagara, H, Huang, L, Nagase, T, Sugama, J, Sanada, H)

2010

原著論文

  • Development and validity of a new model for assessing pressure redistribution properties of support surfaces. Journal ofTissue Viability,doi:10.1016/j.jtv.2010.12.002.(Matsuo, J, Sugama, J, Sanada, H, Okuwa, M, Nakatani, T, Konya, C, Sakamoto, J)
  • A Cross-sectional, Comparative Study of Factors Influencing Intact Skin in Women with Incontinence.Ostomy Wound Management,56(12),26–33,2010.(Shigeta, Y, Nakagami, G, Sanada, H, Konya, C, Sugama, J)
  • 大学病院入院患者に発生した消退する発赤の転帰と悪化要因の検討.日本褥瘡学会誌,12(4):503-508,2010.(小西千枝,須釜淳子,真田弘美,大桑麻由美,紺家千津子,西澤知江,島村きみ)
  • 高齢者用前側吸収尿失禁パッドにおける尿吸収状態の評価.日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌,14:247-251,2010.(須釜淳子,真田弘美,仲上豪二朗,井上歩,繁田佳映,大場美穂,紺家千津子,松尾淳子,田端恵子)
  • 壊死組織を有する褥瘡に対する振動の効果.日本褥瘡学会誌,12(1):28-35,2010.(上田葵子,須釜淳子,大桑麻由美,難波名保美,飯坂真司,真田弘美,田端恵子)
  • Incidence and risk factors of pressure ulcers in seven neonatal intensive care units in japan: a multisite prospective cohort study. International Wound Journal, 7(5): 323-328, 2010. ( Fujii K, Sugama J, Okuwa M, Sanada H, Mizokami Y)
  • Vibration therapy accelerates healing of stageⅠpressure ulcers in older adult patients. Advances in Skin & Wound Care, 23(7): 321-327, 2010. (Arashi, M, Sugama, J, Sanada, H, Konya, C, Okuwa, M, Nakagami, G, Inoue, A, Tabata, K)
  • Influence of the timing of switching a protein-free to a protein-containing diet on the wound healing process in a rat all-layer skin defect. International Wound Journal, 7(3): 135-146, 2010. (Tsuda, K., Nakatani, T., Sugama, J., Okuwa, M., Sanada, H.)
  • Skin injuries caused by medical adhesive tape in older people and associated factors. Journal of Clinical Nursing. 2010 Mar 16. (Konya, C, Sanada, H, Sugama, J, Okuwa, M, Kamatani, Y, Nakagami, G, Sakaki, K.)
  • 筋肉内注射で重要な生体の腋窩神経走行推定のために、後上腕回旋動脈を超音波血流検知器およびデジタル超音波診断装置で測定することの有効性の研究.形態・機能,8(2):59-65,2010.(原由里子,黒川佳奈,浦井珠恵,大桑麻由美,中谷壽男)
  • 肘窩における皮静脈と皮神経の走行関係:静脈穿刺技術のための基礎研究.形態・機能,8(2):67-72,2010.(木森佳子,臺美佐子,須釜淳子,中谷壽男)
  • Difference of foot manifestations between young, adult, and bedridden elderly with diabetes: a cross-sectional observational study. Journal of Society of Nursing Practice. 22(1): 19-27, 2010. (Oe, M, Okuwa, M, Sanada, H, Sugama, J, Inagaki, M, Kasahara, Y, Tabata, K, Nakagami, G, Nishizawa, T.)
  • 女性入院高齢者における体温の概日リズムとその対象者の特性.看護実践学会誌,22(1):28-35,2010.(佐谷茜,中田好美,岩野有里,大海寺恵,西田朋美,坂田竜也,松本勝,臺美佐子,井上歩,紺家千津子,須釜淳子)

2009

原著論文

  • 退院時に未治癒であった褥瘡の転帰―退院後1年間の追跡調査―.日本褥瘡学会誌,11(4):520-527,2009.(井上歩,須釜淳子,真田弘美,紺家千津子,大桑麻由美,松尾淳子)
  • 人工心肺装置を使用する心臓・大血管手術における術後踵部褥瘡発生状況と要因.日本循環器看護学会誌,5(1):72-78,2009.(荒木真由美,大桑麻由美,紺家千津子,須釜淳子,真田弘美,樋木和子)
  • Relationship between lymphangiogenesis and exduates during the wound-healing process of mouse skin full-thickness wound. Wound Repair and Regeneration. 17(4): 598-606, 2009.(Shimamura, K., Nakatani, T., Ueda, A., Sugama, J., Okuwa, M.)
  • 血液透析療法中における振動の循環動態に与える影響-血圧と下肢末梢循環に及ぼす影響-.日本看護技術学会誌,8(2):56-62,2009.(大桑麻由美,仲上豪二朗,須釜淳子,真田弘美,紺家千津子)
  • 車椅子座位で生活する脊髄損傷者が有する褥瘡の状態と関連要因.看護実践学会誌,21(1):36-43,,2009.(木下幸子,菅井亜由美,紺家千津子,須釜淳子,真田弘美)

2008

原著論文

  • Evaluation of Comfort in Bedridden Older Adults Using an Air-Cell Mattress with an Automated Turning Function: Measurement of Parasympathetic Activity During Night Sleep. Journal of Gerontological Nursing, 34(12): 20-26, 2008. (Futamura, M., Sugama, J., Okuwa, M., Sanada, H., Tabata, K.)
  • 腋窩神経の走行を推定するために、神経に伴行する後上腕回旋動脈の位置をポケット型超音波血流検知器を用いて測定することの有効性の研究.コ・メディカル形態機能学会,7(1):3‐6,2008.(島村きみ,木元仁美,黒田知佳子,中澤悦子,廣瀬幸恵,宮嶋美穂,渡辺奈穂,山本尚代,大桑麻由美,中谷壽男)
  • A prospective study of blanchable erythema among university hospital patients. International Wound Journal, 5(3): 470-475, 2008. (Konishi, C., Sugama, J., Sanada, H., Okuwa, M., Konya, C., Nishizawa, T., Shimamura, K.)
  • 寝たきり高齢者の下腿・足部に生じる皮膚症状の実態.看護実践学会誌,20(1):16-23,2008.(大桑麻由美,須釜淳子,大江真琴,田端恵子)
  • Change in nurses' competency for pressure ulcer management after the introduction of a pressure ulcer management program. Journal of Society of Nursing Practice, 20(1): 24-33, 2008. (Nisizawa, T., Sugama, J., Sanada, H.)
  • 閉塞性動脈硬化症による間歇性跛行患者の痛み.看護実践学会誌.20(1):43-52,2008.(鈴木基子,須釜淳子,真田弘美,大桑麻由美)
  • Quantitative evaluation of elderly skin based on digital image analysis. Skin Res Tech. 14(2): 192-200, 2008. (Tanaka, H., Nakagami, G., Sanada, H., Sari, Y., Kobayashi, H., Kishi, K., Konya, C., Tadaka, E..)
  • 糖尿病足病変の炎症徴候診断ツールとしてのサーモグラフィーの有用性.看護実践学会誌,20(1):83-87,2008.(西出薫,大江真琴,大橋優美子,大場美穂,真田弘美)

2007

原著論文

  • 脊髄損傷患者の褥瘡の深さと健康行動との関係-Health action process approachによる分析-.日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会誌,11(2):21-29,2007.(木下幸子,菅井亜由美,須釜淳子,真田弘美,紺家千津子)
  • 1%キトサンオリゴ糖の長期腹腔内投与による皮膚創傷治癒への影響と腹膜炎の関係.形態・機能,6(2):83-87,2008.(島村きみ,村中美緒,井上歩,上田葵子他)
  • Development of a new risk assessment scale for predicting pressure ulcers in an intensive care unit. Nursing in Critical Care, 3(1), :34-43, 2008. (Suriadi, Sanada, H., Sugama, J.,Thigpen, B., & Suban, M.)
  • ベビーパウダー散布によるずれ力低減効果の検討-下腿部における実験的な研究-.日本褥瘡学会,9(4):501-507,2007.(松尾淳子,小浦場祥夫)
  • Risk factors in the development of pressure ulcers in an intensive care unit in Potianak, Indonesia. International wound journal, 4(3), :208-215, 2007. (Sriadi., Sanada, H., Sugama, J., Kitagawa, A., Thigpen, B., Kinosita, S., & Murayama, S.)
  • 超音波皮脂厚計を用いた下肢筋厚測定値の妥当性と筋力・筋量との関連.形態・機能,6(1):27-32,2007.(宮本賢作,田中聡,田中愛,松村秀一,谷沢俊嗣,守山成則,中谷壽男,田中重徳)
  • Evaluation of a new pressure ulcer preventive dressing containing ceramide 2 with low frictional outer layer. Journal of Advanced Nursing, 59(5): 520-529, 2007. (Nakagami, G., Sanada, H., Konya, C. Kitagawa, A., Tadaka, E., & Matsuyama, Y.)
  • Relationship between the distribution of myofibroblasts, and stellar and circular scar formation due to the contraction of square and circular wound healing. Anatomical Science International, 82: 147-155, 2007. (Mawaki, A, Nakatani, T., Sugama, J., Konya, C.)
  • A study of the efficiency and convenience of an advanced portable Wound Measurement System(VISITRAK TM).Journal of Clinical Nursing, 16:1265-1269, 2007. (Sugama, J., Matsui.Y., Sanada, H.,Konya, C.,Okuwa, M., Kitagawa, A.)
  • ずれが褥瘡治癒に及ぼす影響-ラット褥瘡モデルを用いた組織学的検討-.日本褥瘡学会誌,9(2):152-159,2007(藤居久美子,須釜淳子,中谷壽男,真田弘美,大桑麻由美)
  • 寝たきり高齢者における踵部褥瘡の深達度とABI(ankle brachial index)との関係,日本褥瘡学会誌,9(2):177-182,2007(大桑麻由美,真田弘美,須釜淳子,大江真琴,田端恵子)
  • Gross anatomical study of the sympathetic cardiac nerves in the house musk shrew (Suncus murinus). Anatomical record, 28, 2007. (Tanaka A., Tanaka S., Miyamoto K., Yi SQ., & Nakatani T. )
  • 1%キトサンオリゴ糖の腹腔内投与がマウスの皮膚創傷治癒課程に及ぼす効果.形態・機能,5(2),2007.(島村きみ,村中美緒,石田陽子,紺家千津子,須釜淳子,中谷壽男)
  • 在宅版褥瘡発生リスクアセスメントツールの開発.日本褥瘡学会誌,9(1):28-37,2007.(村山志津子,北山幸枝,大桑麻由美,北川敦子,仲上豪二朗,須釜淳子,真田弘美)
  • 創傷計測キットの信頼性と妥当性の検証.日本褥瘡学会誌,9(1):43-49,2007.(松井優子,須釜淳子,真田弘美,紺家千津子,木下幸子,間脇彩奈)
  • 特定機能病院における褥瘡予防ケアの質指標:前向きコホート調査.日本褥瘡学会誌,9(1):56-63,2007.(大桑麻由美,須釜淳子,真田弘美,紺家千津子,北川敦子,小西千枝)

2006

原著論文

  • エアセルマットレスにおける自動体位変換機能の評価-在宅療養高齢者における体圧分散と介護負担に対する効果-.日本老年看護学会誌,10(2):62-69,2006.(二村芽久美,須釜淳子,真田弘美,大桑麻由美)
  • Prognosis of stageⅠpressure ulcers and related factors. International Wound Journal, 3(4): 355-362, 2006. (Sato M, Sanada H, Sugama J, Nakagami G)
  • A Prospective Cohort Study of Lower-Extremity Pressure Ulcer Risk Among Bedfast Older Adults. Adv Skin Wound Care, 19(7): 391-397, 2006. (Okuwa M, Sanada H, Sugama J, Inagaki M., Konya C, Kitagawa A, Tabata K)
  • A new instrument for predicting pressure ulcer risk in an intensive care unit. J Tissue Viability, 16(3): 21-26, 2006. (Suriadi, Sanada H, Sugama J, Thigpen B, Kinosita S, Murayama S)
  • 二層式エアセルマットレス導入による褥瘡の治癒過程と費用対効果.日本褥瘡学会誌,8(2):140-147,2006.(佐藤文,須釜淳子,真田弘美,大桑麻由美,玉井奈緒,河崎美保子)

研究ノート

  • 縦エアセルマットにおける自動体位変換機能の評価-在宅療養高齢者における褥瘡予防効果と介護支援の検討-.日本老年看護学会誌,10(2):62-69,2006.(二村芽久美,須釜淳子,真田弘美,大桑麻由美)

2005

原著論文

  • Measuring the pressure applied to the skin surrounding pressure ulcers while patients are nursed in the 30 degree position. J Tissue Viability, 15(1): 3-8, 2005. (Okuwa M, Sugama J, Sanada H, Konya C, Kitagawa A)
  • 座位姿勢をとる高齢者の褥瘡形成の実態把握調査―褥瘡の形状と車椅子接地形状の関係から―.日本看護科学学会誌, 24(4): 36-45, 2005(藤本由美子, 真田弘美, 須釜淳子)
  • 褥瘡状態判定スケール(DESIGN)の予測妥当性の検証と重みづけの検討.日本褥瘡学会誌,7(1):67-75,2005.(松井優子,須釜淳子,真田弘美,大桑麻由美,紺家千津子,北川敦子,村山志津子)
  • Healing process of pressure ulcers after a change in the nutrition regimen of bedridden elderly: A case series. Japan Journal of Nursing Science, 2(2): 85-93, 2005. (Omote S, Sugama J, Sanada H, Konya C, Okuwa M, Kitagawa A)
  • 高齢者における褥瘡のポケット洗浄液温度の検討.日本褥瘡学会誌,7(4):773-778,2005.(紺家千津子,北川敦子,真田弘美,他)
  • ポケットを有する褥瘡のポケット被蓋部の組織学的研究.日本褥瘡学会誌,7(4):798-803,2005.(黄芳,中谷壽男,真田弘美,他)
  • マウス皮膚における創周囲皮膚の清潔が創傷治癒過程に及ぼす影響.日本褥瘡学会誌,7(4):818-826,2005.(北山幸枝,中谷壽男,真田弘美,他)
  • Pressure-Induced Ischemic Wound Healing with Bacterial Inoculation in the Rat. WOUNDS, 17(7): 157-168, 2005. ( Sugama, J., Sanada, H., Nakatani,T. Nagakawa, T., & Inagaki M.)

2004

原著論文

  • Histological examination of pressure ulcer tissue in terminally ill cancer patients. Japan Jouranal of Nursing Science, 1(1): 35-46, 2004. (Kitagawa A, Sanada H, Nakatani T, Sugama J, Konya C, Okuwa M, Nagakawa T)
  • 褥瘡におけるポケット形成にいたるまでの過程の検討.日本褥瘡学会誌,6(4): 607-615, 2004.(越村洵子,紺家千津子,真田弘美,中谷壽男,須釜淳子,矢島博昭,田端恵子)
  • Histological examination of the distribution change of myofibroblasts in wound contraction. EWMA Journal, 4(1): 13-18, 20, 2004. (Tanaka A, Nakatani T, Sugama J, Sanada H, Kitagawa A, Tanaka S)
  • Change of cytokine in pressure ulcer with undermining. Journal of the Tsuruma Health Sci. Med. Kanazawa Univ., 28(1):25-30, 2004. (Konya C, Inagaki M, Sanada H, Nakatani T, Sugama J)
  • Distribution of myofibroblasts in stage II and IV pressure ulcers. Journal of the Tsuruma Health Sci. Med. Kanazawa Univ., 29(1):1-9, 2004. (Kitagawa A, Nakatani T, Sanada H, Inagaki M)

2003

原著論文

  • 胃切除患者の加齢に伴う栄養状態の実態.老年消化器病,15(1): 67-71, 2003.(玉井奈緒,永川宅和,真田弘美,紺家千津子,越野守絵,米村豊,松木伸夫)

2002

原著論文

  • 高齢者における褥瘡治癒過程からみた形態的分類と看護ケアとの関係―ポケット形成のある褥瘡に焦点をあてて―.日本褥瘡学会誌,4(1), 60-69, 2002.(紺家千津子,真田弘美,須釜淳子,大桑麻由美,中谷壽男,永川宅和)
  • 膵切除術後長期生存例の栄養状態と看護介入.金大医保つるま保健学会誌,26(1):65-73, 2002(坂尾雅子,永川宅和,真田弘美)

雑誌・書籍

2017

  • スキンケアガイドブック.照林社,2017.
    • Part2 実践編
      第1部 ハイリスク患者のスキンケア
      • 低出生体重児のスキンケア(小柳礼恵,105-109)
      • 透析療法を受けている人のスキンケア(大桑麻由美,121-124)
      • クリティカル・救急領域における患者のスキンケア(内藤亜由美,156-164)
    • 第2部 皮膚障害別スキンケア
      • スキン-テア予防・ケア(紺家千津子,218-230)
      • IAD(失禁関連皮膚障害)予防・ケア(市川佳映・大桑麻由美,231-243)
      • ストーマ周囲皮膚障害の予防・ケア(紺家千津子,244-268)
      • 足病の予防・ケア(大江真琴,269-279)
  • フットケアと足病変治療ガイドブック(第3版).医学書院,2017.
    • 第13章 1.地域包括ケアにおけるフットケアの意義(大桑麻由美,267-269)

2016

  • 老年看護技術.南江堂,2016.
    • 第Ⅲ章 6. 体温 (松本勝,須釜淳子,90-96)
    • 第Ⅲ章 7. 清潔 (大桑麻由美,須釜淳子,97-105)
    • 第Ⅳ章 6. 皮膚掻痒感 (四谷淳子,須釜淳子,188-198)
    • 第Ⅴ章 1. 急性期の看護(胃がん) (大桑麻由美,320-332)
  • エキスパートナース.照林社,Vol.32, No.13, 2016. 【特集】防がなくてはいけない!医療関連機器圧迫創傷(MDRPU)(編集:須釜淳子)
    • 『MDRPUベストプラクティス』の'注目したい'ポイント(須釜淳子,18-23)
  • 進化を続ける!褥瘡・創傷 治療・ケア アップデート.照林社,2016.
    • (Part 1) 最新ガイドラインにみるエビデンス 世界的な褥瘡カテゴリ分類とわが国のDESIGN-R@の進化(大桑麻由美,16-18)
    • (Part 2) 摩擦・ずれを防ぐ有効なポジショニングとスモールチェンジ法(松井優子,松本勝,38-44)
  • 看護技術.メヂカルフレンド社,Vol.62, No.4, 2015
    PAD患者の看護(編集協力:大桑麻由美)
    • (Part 1) PADの下肢の皮膚症状と疼痛(大桑麻由美,298-299)
  • エキスパートナース.照林社,Vol.32, No.5, 2016. 【特集】いま必要!「リンパ浮腫」の知識(監修:須釜淳子)
    • いま知っておきたい!リンパ浮腫の「アセスメント」と「対応」(臺美佐子、須釜淳子,126-132)
  • 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌.20(1), 2016
    • 医療用テープによるスキン-テアの実態.(紺家千津子,溝上祐子, 上出良一,大浦紀彦,徳永恵子,真田弘美,仲上豪二朗,安部正敏,大桑麻由美,野口博史,飯坂真司,加瀬昌子,小柳礼恵,祖父江正代,高橋麻由美,丹波光子,栃折綾香,内藤亜由美,中村徳子,間宮直子,宮永友美,山田清美,43-48)

2015

  • 週刊 医学界新聞 看護号.医学書院.第3135号,2015年7月27日
    • 【特集】看護研究の道しるべ――先達からのメッセージ 私がブレークスルーした“あのとき”(須釜淳子,1-2)

2014

  • 臨床栄養.医歯薬出版株式会社.Vol.124, No.6, 臨時増刊号, 2014.
    エビデンスに基づく褥瘡ケアUPDATE
    • 褥瘡ケアと体圧分散(佐藤文,須釜淳子,719-725)
    • 褥瘡と創部管理(大桑麻由美,756-760)

2013

  • Medical Rehabilitation.全日本病院出版会.No.159,7月号,2013.
    • [総説]日本の褥瘡対策に関する政策と褥瘡の疫学 (須釜淳子,西澤知江,1-4).
  • リンパ浮腫診断治療指針2013.メディカルトリビューン.9月,2013.(一般社団法人リンパ浮腫療法士認定機構 編集)
    • 3)看護・指導 (11.続発性(二次性)リンパ浮腫の診療) (真田弘美,臺美佐子,井内映美 ,93-94)
  • NEWS LETTER.日本創傷治癒学会,No 77,9月号,2013.
    • 褥瘡対策における体圧分散式マットレス(須釜淳子)

2012

  • NEW褥瘡のすべてがわかる.永井書店.2012.(真田弘美,宮地良樹 編著)
    • 4.褥瘡のリスク評価 4.2リスクアセスメントスケール各論 (大桑麻由美,37-62)
    • 5.褥瘡の予防―総論 (須釜淳子,63-69)
    • 6.外力の管理 6.1〔2〕体圧分散寝具 (須釜淳子,85-96)
    • 26 褥瘡ケアの質の評価 (田髙悦子,大桑麻由美,459-468)
  • ナースのためのアドバンスド創傷ケア. 照林社.2012.(真田弘美,大浦紀彦,溝上裕子,市岡滋 編集)
    • ParⅠ創傷ケアの基本 褥瘡のケア 陰圧ケア(須釜淳子,2-14)
    • ParⅠ創傷ケアの基本 褥瘡のケア スキンケア(紺家千津子,27-34)
    • ParⅡアドバンスド創傷ケアの実際 1概論編 創傷看護学とは(須釜淳子,仲上豪二朗,真田弘美,66-71)
    • ParⅡアドバンスド創傷ケアの実際 2実際編 DESIGN-Rに基づく褥瘡の治癒予測(大桑麻由美,173-177)
    • ParⅡアドバンスド創傷ケアの実際 2実際編 DTIの評価方法(大桑麻由美,202-204)
  • 平成24年度(2012年度)診療報酬改定 褥瘡関連項目に関する指針.(日本褥瘡学会 編集)
  • 日本褥瘡学会. 在宅褥瘡予防・治療ガイドブック 第2版. 照林社. 2012.(日本褥瘡学会 編集)
  • 日本褥瘡学会. 褥瘡ガイドブック. 照林社. 2012.(日本褥瘡学会 編集)
  • エキスパートナース.照林社,28(7),2012.
    • “医療機器関連圧迫創”は 「褥瘡」なのか?(総論 Part[2] ナースが防ぐ医療機器関連圧迫創) (須釜淳子,52-53)

2011

  • Scholarship changing lives -I am proud to be an ET nurse. WCET Journal Vol 31(3):16-18,2011(Saldy Yusuf)
  • 進行がんにおけるリンパ浮腫および終末期の浮腫の管理.国際リンパ浮腫フレームワーク・カナダリンパ浮腫フレームワーク 著書,2011.(真田弘美,須釜淳子 監訳,仲上豪二朗,稲垣美佐子,小林範子 翻訳)
    • 解説書-進行がんにおけるリンパ浮腫および終末期の浮腫の管理(全35頁)
  • 治りにくい創傷の治療とケア.照林社,2011.(市岡滋,須釜淳子 編集)
    • Part3 治りにくい褥瘡 褥瘡のアセスメント ①DESIGN-Rの活用(松井優子,66-68)
    • Part3 治りにくい褥瘡 褥瘡のアセスメント ③創周囲皮膚のアセスメント(繁田佳映,75-76)
    • Part3 治りにくい褥瘡 フォーカスされるケア ①圧力・ずれを防止する体圧分散用具の選択 (西澤知江,須釜淳子,78-82).
    • Part3 治りにくい褥瘡 症例にみる治療とケア ⑤踵部の褥瘡を治す (岩崎清美,大桑麻由美,井内映美,116-117)
    • Part4 治りにくい下肢潰瘍 ケア ②動脈性(虚血性)潰瘍(大桑麻由美,175-176)
  • Monthly Book Derma. 医師と看護師のための褥瘡の治し方.No.180,2011,6月号,全日本病院出版会,2011.(真田弘美 編集)
    • 褥瘡をどう診るか-再発・悪化させないためのアセスメント方法-(大桑麻由美,河原繁, 27-34)
    • 進化した褥瘡治療-外力管理の最新情報-(須釜淳子,長谷川稔, 41-46)
    • 紺家千津子,田邉洋:褥瘡をきれいに早く治癒させるスキンケア方法-褥瘡局所を汚染させない ケア-(紺家千津子,田邉洋, 57-63)
  • 看護学テキストNiCE 老年看護学技術 最後までその人らしく生きることを支援する.南江堂,2011,(真田弘美,正木治恵 編集, 真田弘美,須釜淳子,紺家千津子,大桑麻由美,松尾淳子 執筆)
    • 第Ⅲ章 高齢者の生活と看護-加齢変化とフィジカルアセスメントの技術- 6.体温(須釜淳子, 91- 96)
    • 第Ⅲ 章高齢者の生活と看護-加齢変化とフィジカルアセスメントの技術- 7.清潔(大桑麻由美, 須釜淳子, 97-104)
    • 第Ⅳ章 高齢者に特徴的な症状と看護-老年症候群- 6.皮膚掻痒感(松尾淳子,須釜淳子,188- 193)
    • 第ⅴ章 高齢者に特徴的な疾患と看護-事例による展開- 1.急性期の看護(胃がん)(大桑麻由 美,310-321)
    • 第ⅴ章 高齢者に特徴的な疾患と看護-事例による展開- 6.パーキンソン病の看護(紺家千津 子,374-385)
  • リンパ浮腫のすべてー解剖、生理から保存的治療、外科的治療までー.永井書店,2011.(光嶋勲 編著)
    • リンパ浮腫のすべて、感染症を防ぐためのスキンケア (稲垣美佐子,大桑麻由美,真田弘美,138-142)

2010

  • 看護研究.43(6),医学書院,2010.
    • 看護学Translational Research の構想とプロセス(真田弘美,長瀬敬,須釜淳子,435-46)
    • 寝たきり高齢者の下肢褥瘡発生要因(大桑麻由美,須釜淳子,真田弘美,大江真琴,447-52)
    • 振動による血流促進効果の検討(仲上豪二朗,浦崎雅也,北川敦子,真田弘美,459-64)
    • 振動によるStageⅠ褥瘡の治癒促進効果(須釜淳子,嵐碧,465-71)
    • 壊死組織を有する褥瘡に対する振動の効果(宮永葵子,須釜淳子,473-78)
    • 重度褥瘡ケアにおける高度創傷管理技術教育のプログラム開発とその評価(貝谷敏子, 真田弘美,須釜淳子,宮地良樹,館正弘,長瀬敬,松山裕,479-87)
  • EB NURSING,10(増刊2号).中山書店,2010.
    • 1. 褥瘡ケア 褥瘡予防には円座が有効である?(松尾淳子,10-12)
    • 1. 褥瘡ケア 褥瘡は看護の恥?(大桑麻由美,13-16)
    • 1. 褥瘡ケア 体位変換は2時間ごとに行う必要がある?(繁田佳映,須釜淳子,23-5)
  • 特集 基礎から最新知識まで 最前線のリンパ浮腫ケアースキンケアの実際ー.臨床看護,36(7):878-882,へるす出版,2010.(臺美佐子,片山美豊恵,須釜淳子,真田弘美)
  • 皮膚の健康を表す指標とは何か.ソワン通信.,夏号,第7回エステティック学術会議,2010.(須釜淳子)
  • 体圧分散寝具の種類と適応.PEPARS,4:12-19,全日本病院出版会,2010.(松尾淳子,,須釜淳子)

2009

  • ストーマ領域の最新トピックス―ストーマ周囲の皮膚障害評価ツール.Nursing Today.,24(14):20-27,2009.(紺家千津子,飯坂真司,真田弘美).
  • 最新 褥瘡ケア用品ガイド.照林社.2009.(須釜淳子,真田弘美 編集)
  • ナースのためのプロフェッショナル“脚”ケア.中央法規.2009.(真田弘美,大桑麻由美 編著)
  • 改訂版 実践に基づく最新褥瘡看護技術.照林社.2009.(真田弘美,須釜淳子 編集)
  • ストーマ周囲皮膚障害を評価する「DETスコア」.エキスパートナース,25(9):12-17,照林社,2009.(紺家千津子,真田弘美)
  • 第5部 症状・疾患に対する栄養療法-褥瘡.改訂版 NST完全ガイド 経腸栄養・静脈栄養の基礎と実践(東口高志編集),照林社,349- 353,2009(表志津子,真田弘美)

2008

  • ケアの根拠 看護の疑問に答える151のエビデンス.日本看護協会出版会,2008.(道又元裕監修) 「がん終末期にある患者の褥瘡ケアは治癒が目標か?」(井上歩,須釜淳子)
  • 特集 褥瘡ケア 変わったこと 新しいこと.エキスパートナース,24(2),照林社,2008.
    • part1 局所状態の新しい概念 01「発赤」は褥瘡?どう対応する(大桑麻由美)
    • part3 褥瘡ケアの変化   07変わりはじめたマットレスの概念「圧再分配とは」(須釜淳子)

2007

  • どう観る、どう治す 実践に基づく最新褥瘡看護技術.照林社,2007.(監修 真田弘美,須釜淳子)
  • 「特集」ここまでわかった褥瘡のエビデンスー確実な予防と適切な治療のために.EBMジャーナル,8(5),中山書店,2007.(宮地良樹)     
    • 褥瘡のリスク評価(大桑麻由美)
    • 体圧分散寝具による予防(松尾淳子)
    • スキンケアによる治療(紺家千津子)
  • 高齢者における褥瘡の評価と治療(Ⅱ. 総説),日本老年医学会雑誌編集委員会編集,老年医学update 2007-08, メジカルビュー社, 88- 99, 2007.( 真田弘美)
  • 「ガイドラインを読む」シリーズ 褥瘡局所治療ガイドライン編.メディカルレビュー社,2007.(宮地良樹,真田弘美)
    • 第1章ー3.ガイドラインを読むために必要な知識とは(須釜淳子)
    • 第1章ー4.DESIGNってなに?(真田弘美)
    • mini lecture-ガイドラインを使うための基本的な技術とは?(紺家千津子)
  • 第12章褥瘡ー圧力分散ケア 看護実践の根拠を問う(改定第2版).63-181:2007.(須釜淳子,真田弘美)

2006

  • 足・下腿潰瘍のアセスメント時にABI測定がなぜ必要か?(ケアの根拠100).Nursing Today,21(12):37,2006.(北山幸枝)
  • がん終末期にある患者の褥瘡ケアは治癒が目標か?(ケアの根拠100).Nursing Today,21(12):38,2006.(井上歩,須釜淳子)
  • 褥瘡外来から見た褥瘡治療の実態(特集 褥瘡と在宅ケア-入院患者から在宅障害者へ).Journal of Clinical Rehabilitation,15(6):510‐514,2006.(紺家千津子,真田弘美,須釜淳子)

学会発表

第23回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会で発表しました(幕張:2017年9月15-16日)

口演

  • 三浦由佳,長谷剛志,薮中幸一,吉田美香子,鎌倉やよい,加賀谷斉,真田弘美,須釜淳子:エコーを用いた梨状窩と喉頭蓋谷の嚥下後の残留物の観察方法の開発

第19回日本褥瘡学会学術集会で発表しました(盛岡:2017年9月14-15日)

教育講演

  • 須釜淳子:医療関連機器圧迫創傷の予防・管理の基本

研究助成

  • 熊谷あゆ美,須釜淳子,坂本二郎:腹臥位におけるマットレスの硬さと皮膚軟部組織やマットレスの応力やひずみとの関係

口演

  • 中島由加里,浅野きみ,向井加奈恵,浦井珠恵,大桑麻由美,須釜淳子,中谷壽男:マウス鼠径リンパ節切除後の下肢皮膚の組織学的特徴
  • 浦井珠恵,松本勝,井内映美,須釜淳子:エアマットレス使用時の枕のあて方が上肢・胸部の筋の硬さと主観に及ぼす影響

コ・メディカル形態機能学会第16回学術集会・総会で発表しました(名古屋:2017年9月2-3日)

示説

  • 中島由加里,向井加奈恵,浦井珠恵,中谷壽男:三角筋部における新たな筋肉内注射部位の確立
  • 向井加奈恵,中島由加里,浦井珠恵,中谷壽男:肘窩の皮静脈の可視性に与える要因の検討

第28回甲信越北陸口腔保健研究会総会・学術大会で発表しました(新潟:2017年7月29日)

口演

  • 三浦由佳,江尻重文,平田佳永,岡本成史,須釜淳子:石川県内の地域在住高齢者における口腔の自覚症状と口腔保健行動の特徴

7th International lymphoedema framework conferenceで発表しました(シラクーザ:6月21-24日)

セッション

  • Sugama J: Development of chronic oedema prevalence in Japan-moving to national recording of data

口演

  • Dai M, Sugama J, Maeba H, Sawazaki T, Okuwa M: Comparative study between standard ultrasound device and pocket ultrasound device for the evaluation of thickness in subcutaneous tissue for forearm in healthy subjects
  • Dai M, Ogawa Y, Takanishi Y, Okubo M, Sugama J, Maeba H, Sawazaki T, Okuwa M: Pocket ultrasound device versus standard type for imaging of subcutaneous tissue in lower lymphedema patients

第26回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会で発表しました(千葉:2017年6月2-3日)

理事会企画 アドホック委員会企画

  • 須釜淳子:調査の目的と方法
  • 須釜淳子:調査結果
  • 須釜淳子:アドホック委員会からの提言

理事会企画 IADコンセンサスシンポジウム

  • 大桑麻由美:IAD重症度評価スケールの改正過程

理事会企画 学術教育委員会企画

  • 小柳礼恵:排尿自立指導料:排尿ケアチーム活動の実際と評価

シンポジウム

  • 内藤亜由美:地域医療支援病院における皮膚・排泄ケア認定看護師による外来の現状と未来

口演 Englishセッション

  • Aoki M, Ogai K, Sugama J: Comparison of skin ceramide kinetics in the stratum corneum of rat models of normal and dry skin
  • Imran, Arisandi D, Haryanto, Suriadi, Okuwa M, Nakatani T, Sugama J, Oe M, Sanada H: Effects of Understanding Wellbeing on Psychological Aspects and Wound Healing in Patients with Diabetic Foot Ulcer Recurrence: A Randomized Control Trial
  • Arisandi D, Yusuf S, Haryanto, Okuwa M, Sugama J: Interaction between sandal and diabetic foot ulcers in an outpatient clinic, Makassar Indonesia

口演

  • 臺美佐子,大桑麻由美,須釜淳子:上下肢リンパ浮腫患者の蜂窩織炎要因探索のための実態調査型研究

27th Conference of the European Wound Management Associationで発表しました(アムステルダム:2017年5月3-5日)

示説

  • Aoki M, Ogai K, Kobayashi M, Sugama J: Establishment of novel moisturizer application method for dry skin focused on ceramide kinetics -Preliminary test on normal rat skin

第14回日本口腔ケア学会総会・学術大会で発表しました(宜野湾:2017年4月22-23日)

口演

  • 三浦由佳,江尻重文,長谷剛志,Tantut Susanto,真田茂,岡本成史,須釜淳子:歯肉炎および歯周炎の保有と関連する保健行動と地域差

第122回日本解剖学会総会・全国学術集会で発表をしました(長崎:2017年3月28-30日)

口演

  • 向井加奈恵,中島由加里,浦井珠恵,中谷壽男:超音波診断装置を用いた肘窩の静脈穿刺を安全に実施するための基礎研究―駆血前後の血管径・深さ・神経及び動脈との位置関係の計測―
  • 中島由加里、向井加奈恵、浦井珠恵、中谷壽男:超音波診断装置を用いた三角筋部の安全な筋肉内注射部位の検討

第31回日本がん看護学会学術集会で発表しました(高知:2017年2月4-5日)

口演

  • 松井優子, 紺家千津子, 村山陵子, 田邊秀憲, 大江真琴, 元雄良治, 我妻孝則, 道渕路子, 木下幸子, 坂井恵子, 須釜淳子, 真田弘美:顕著な腫脹がみられない抗がん剤の血管外漏出の現象の基礎的検証

第46回日本創傷治癒学会で発表しました(東京:2016年12月9-10日)

口演

  • Nakajima Y, Asano K, Urai T, Mukai K, Okuwa M, Sugama J, Nakatani T: Establishment of a chronic lymphedema model in mice
  • 中島由加里,澤崎拓人,向井加奈恵,浦井珠恵,浅野きみ,中谷壽男:マウス皮膚全層欠損創への蜂蜜塗布の創傷治癒遅延要因の探索
  • 浅野きみ,浦井珠恵,向井加奈恵,中島由加里,中谷壽男:肥満マウスの皮膚張力による創形状変形回避のためにストーマ補正用皮膚保護材を副子として用いる有用性の検証
  • 青木未来,大貝和裕,須釜淳子:溶媒の水・油混合割合の違いによるセラミド塗布後の皮膚内動態の比較
  • 大貝和裕,青木未来,小林正和,峰松健夫,真田弘美,須釜淳子:Skin blotting法にタンパク質のサイズ分離を導入する試み
  • 澤崎拓人,中島由加里,浦井珠恵,向井加奈恵,浅野きみ,中谷壽男:甘露蜂蜜のマウス皮膚全層欠損創への効果の検証
  • 浦井珠恵,大貝和裕,中島由加里,向井加奈恵,浅野きみ,大桑麻由美,須釜淳子,中谷壽男:肥大化した脂肪細胞が角化細胞の遊走に与える影響
  • 向井加奈恵,朱文静,中島由加里,小林正和,中谷壽男:小動物用超音波高解像度イメージングシステムVevo2100を用いた血管新生の3次元縦断評価方法の検討
  • 山中知子,松本勝,田端恵子,向井加奈恵,土屋紗由美,須釜淳子:スモールチェンジシステム搭載型エアマットレス導入前後の褥瘡発生率、発生部位、深達度の比較
  • Arisandi D, Haryanto,Matsumoto M, Oe M, Nakagami G, Yotsu R, Tamaki T, Sugama J, Sanada H: Accuracy of DFUAS in predicting healing DFU in 4 weeks by subtracting the size or size score domain
  • Imran, Arisandi D, Haryanto, Suriadi, Sugama J, Oe M, Sanada H: Association between diabetic foot ulcer severity with quality of life, summary diabetic self-care activity, self-efficacy and distress in Indonesia
  • Koyano Y, Nakagami G, Iizaka S, Sugama J, Sanada H: Skin property can predict the development of skin tear among elderly patients: A prospective cohort study
  • 大江真琴,四津里英,Defa Arisandi,Suriadi,仲上豪二朗,須釜淳子,玉木毅,真田弘美:日本語版糖尿病足潰瘍アセスメントスケールの開発

示説

  • 酒井透江,高橋麻由美,間宮直子,内藤亜由美,貝谷敏子,溝上祐子,真田弘美,須釜淳子:褥瘡管理者専従以外の皮膚・排泄ケア認定看護師の業務の実態
  • 定塚佳子,大桑麻由美,中谷壽男,須釜淳子,高松繁行,染澤直美:頭頸部がんで放射線治療を受ける患者の色調の変化
  • 丸谷晃子,越田貴美子,大桑麻由美:進行がん患者の創傷保有状況と地域連携の現状

第4回看護理工学会学術集会で発表しました(盛岡:2016年10月9-10日)

口演

  • 熊倉良太,北村なぎ,佐藤かん奈,利田侑理,富田風華,長守朋香,臺美佐子,藤野陽,大桑麻由美:中心静脈カテーテル固定のためのフィルムドレッシング材の貼付・剥離による皮膚機能への影響
  • 熊谷あゆ美,大野直樹,宮地利明,須釜淳子:MRIを用いた褥瘡予防のための体圧分散マットレスの検討-マットレスの硬さや形状と変形の関係-

示説

  • 大貝和裕,松本勝,青木未来,臺美佐子,小林正和,須釜淳子:高周波エコーを用いた皮膚イメージングと皮膚内部組織の比較-コラーゲン・エラスチン量とエコー輝度の比較
  • 北島友香,栗野雅代,臺美佐子,正源寺美穂,島田啓子,須釜淳子:携帯型超音波画像診断装置による妊娠経過に伴う乳腺発育の評価
  • 井内映美,小林正和,土屋紗由美,臺美佐子,佐藤文,松本勝,大貝和裕,須釜淳子:超音波検査を用いた下腿浮腫の客観的評価法における信頼性評価
  • 多崎恵子,稲垣美智子,松井希代子,村角直子,堀口智美,須釜淳子:Webサイトを活用した糖尿病ケアシステムの開発-糖尿病データベース作成のプロセス-
  • 松井優子,紺家千津子,村山陵子,田邊秀憲,大江真琴,元雄良治,木下幸子,坂井恵子,須釜淳子,真田弘美:抗がん剤の点滴静脈内注射の血管外漏出後に発生する皮膚障害の悪化要因
  • 松本勝,大貝和裕,青木未来,小林正和,須釜淳子:拭き取りによる洗浄剤除去法の違いが皮膚表面・皮溝の汚れに及ぼす影響
  • 西岡千洋,坂本二郎,須釜淳子:筋骨格モデルを用いた臨床看護における褥瘡予防マットレスの力学的評価

5th congress of World Union of Wound Healing Societiesで発表しました(フィレンツェ:2016年9月25-29日)

口演

  • Mukai K, Urai T, Asano K, Nakajima Y, Nakatani T: Evaluation of the effect of estradiol benzoate on cutanoues wound healing in ovariectomized female mice. Focus on the imflammatory response.

示説

  • Ogai K, Nagase S, Mukai K, Iuchi T, Okamoto S, Sugama J: A comparative study of skin bacterial communities in healthy-young individuals and bedridden-aged inpatients in Japan
  • Sakai Y, Mamiya N, Okuwa M, Mizokami Y, Sugama J, Sanada H: Actual situation between activity time of Wound, Ostomy, and Continence Nurses and outcomes of patients with chronic wounds in a Japanese acute hospital
  • Urai T, Mukai K, Asano K, Nakajima Y, Sugama J, Nakatani T: Effect of obesity on cutaneous wound healing without tension in obese mice
  • Kumagai A, Ohno N, Sugama J, Miyati T, Kawakami S: Visualization of bottoming out of urethane form mattress with different hardness using magnetic resonance imaging
  • Nakajima Y, Mukai K, Urai T, Asano K, Ohta M, Kato I, Kawaguchi A,Kinoshita Y, Kumagai Y, Sakashita A, Sawazaki T,Yamazaki A, Nakatani T. Effects of honeydew honey on wound healing
  • Aoki M, Ogai K, Kobayashi M, Sugama J: Dynamics of externally-applied ceramide in rats stratum corneum: a pilot study
  • Ichikawa Y, Kon Y, Iuchi T, Nakajima Y, Fukuda M, Nakagami G, Tabata K, Sanada H, Sugama J: Effects of a skin barrier cream on management of incontinence-associated dermatitis in bedridden elderly
  • Matsui Y, Sugama J, Ishizawa M, Kamata N, Kawakami S, Kinosita S, Sanada H, Nakagami G, Fukagawa S, Furue M, Miyachi Y, Yokoo K: Location of severe medical device-related pressure ulcer by anti-embolism stockings and intermittent pneumatic compression devices in Japan

コ・メディカル形態機能学会第15回学術集会・総会で発表しました(京都:2016年9月17日)

シンポジウム

  • コ・メディカル分野のための解剖生理学教育~それぞれのコア・カリキュラム策定をめざして~
    • 向井加奈恵,山口豪,竹野ゆかり,松田友美,大島千佳,荒川満枝:看護学分野における解剖生理学教育の実態調査

口演

  • 中島由加里、小松恵美、向井加奈恵、浦井珠恵、浅野きみ、大桑麻由美、須釜淳子、中谷壽男:マウス下肢リンパ浮腫モデルにおけるリンパの流れと創傷治癒との関連

示説

  • 向井加奈恵,浦井珠恵,中島由加里,浅野きみ,中谷壽男:OVXマウスの皮膚創傷へのEstradiol benzoate創部塗布の効果

第18回日本褥瘡学会学術集会で発表しました(横浜:2016年9月2-3日)

学術委員会企画

  • WG委員が語るMDRPUベストプラクティスのコツ!
    • 須釜淳子:MDRPUベストプラクティスのコツ

アドバンス教育講演

  • エキスパートに学ぶ褥瘡領域のトピックス
    • 大桑麻由美:看護領域での褥瘡トピックス

研究助成・大塚Grant

  • 福田守良,田端恵子,角谷暁子,大桑麻由美:座位褥瘡における圧切り替え型車いすクッションの有効性-ランダム化比較試験による褥瘡治癒と心身機能の評価-

口演

  • 藤本由美子,武井尚子,大桑麻由美,津田恭子,越田貴美子,松本勝,須釜淳子:非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)マスクによる圧迫創傷の発生要因
  • 熊谷あゆ美,須釜淳子,紺家千津子,島田賢一,川上重彦:MRIを用いた腹臥位手術における褥瘡予防のための体圧分散マットレスの検討
  • 小柳礼恵,北村言,藤本由美子,仲上豪二郎,峰松健夫,田端恵子,真田弘美,須釜淳子:褥瘡創底Biofilmによるドレッシング材の評価
  • 木下幸子,須釜淳子,石川えり,松井優子,紺家千津子,清島真理子,村上啓雄,真田弘美:深部静脈血栓症予防用弾性ストッキングにより生じた圧迫創傷の形態的特徴

国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会 第6回学術集会で発表しました(大阪:2016年8月21日)

口演

  • 佐藤文,臺美佐子,井内映美,土屋紗由美,須釜淳子:療養病床および高齢者施設の寝たきり以外の高齢者の下腿浮腫の前向き研究-浮腫の変化と活動性との関連の検討-

示説

  • 臺美佐子,須釜淳子,横山浩一,佐藤文,井内映美,前馬宏子,大桑麻由美:乳がん術後の上肢リンパ浮腫Early-stage評価に有用な超音波画像診断指標
  • 土屋紗由美,佐藤文,井内映美,臺美佐子,大桑麻由美,須釜淳子:長時間座位姿勢保持高齢者の下肢慢性浮腫に対する振動による浮腫軽減効果
  • 井内映美,須釜淳子,臺美佐子,真田弘美,Christine Moffatt:ILF Health Service Evaluation Datasetの紹介と現在の使用状況

Hokuriku Women Researchers’ Networkワークショップ 共同研究スタートアップ支援事業成果報告会で発表しました(金沢:2016年6月18日)

口演

  • 臺美佐子,木森佳子,紺家千津子,川口高子,正源寺美穂:ポケットエコーを用いたリンパ浮腫評価方法の構築

第25回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会で発表しました(金沢:2016年6月11-12日)

理事会企画 アドホック委員会企画

  • 皮膚・排泄ケア認定看護師の将来構想の提言
    • 須釜淳子:調査の背景と目的
    • 酒井透江:調査の概要と中間報告

理事会企画 学術教育委員会企画

  • IAD重症度評価ツール(案)の紹介
    • 大桑麻由美:重症度評価ツール作成の目的
    • 大桑麻由美:今後の予定

理事会企画 研究助成演題

  • 臺美佐子,高西裕子,小川佳宏,前馬宏子,粟正治,須釜淳子:リンパ浮腫適用の夏用弾性着衣による衣服内気候・快適性・皮膚生理的機能変化と治療継続効果

口演 Einglish セッション

  • Matsumoto M, Ogai K, Aoki M, Sugama J: Influences of different methods of cleaning agent removal on the effectiveness of skin dirt removal
  • Ogai K, Matsumoto M, Aoki M, Dai M, Sugama J: Comparative study of ultrasound imaging and histological structure of normal and Cesarean scar tissues of pregnant women
  • Defa A, Matsumoto M, Oe M, Nakagami G, Yotsu R, Tamaki T, Sugama J, Sanada H: Evaluation of the predictive validity of the new diabetic foot ulcer assessment scale in Indonesia
  • Koyano Y, Nakagami G, Tamai N, Tabata K, Sugama J, Sanada H: The development of flowchart estimating the causative external forces of skin tears from its morphology

口演

  • 臺美佐子,宮崎悠,吉田康紘,粟正治,須釜淳子:女性下肢リンパ浮腫患者における弾性ストッキングの夏季の問題点とニーズ
  • 丸谷晃子,越田貴美子,大桑麻由美:複数の創傷を有するがん患者のウェルビーイング向上を目指した創傷ケア技術の引継
  • 松本勝,大貝和裕,青木未来,須釜淳子:洗浄剤除去法の違いが毛穴への洗浄剤残余に及ぼす影響
  • 青木未来,大貝和裕,松本勝,須釜淳子:正常皮膚とドライスキンモデルの角層におけるセラミド塗布後の動態
  • 藤本由美子,大桑麻由美,須釜淳子,武井尚子:非侵襲的陽圧換気療法のマスク密着部の消退発赤の悪化要因
  • 井内映美,打出佳世子,河内昌子,須釜淳子:緩和ケア病棟における光触媒機能付き消臭カーテンの評価
  • 横野知江,須釜淳子,真田弘美,溝上祐子,紺家千津子,大桑 麻由美,松井優子,木下幸子,四谷淳子,市川 佳映:皮膚・排泄ケア認定看護師特有のストレッサー解決に向けたアプローチの検討

第58回日本老年医学会学術集会で発表しました(金沢:2016年6月8-10日)

口演

  • 井内映美,佐藤文,臺美佐子,土屋紗由美,田端恵子,山下朋美,須釜淳子:慢性下腿浮腫が高齢者の日常生活動作に与える影響の縦断調査
  • 三浦由佳,仲上豪二朗,戸原玄,藪中幸一,野口博史,森武俊,真田弘美:食事中の超音波検査の導入による誤嚥性肺炎予防効果の検証:ランダム化比較対照試験
  • 佐藤文,臺美佐子,藤本由美子,井内映美,土屋紗由美,田端恵子,山下明美,大桑麻由美,須釜淳子:療養施設の高齢者にみられる浮腫の前向き縦断調査―浮腫の程度と部位の検討―

International Society for Biophysics and Imaging of the Skin (ISBS) World Congress 2016で発表しました(リスボン:2016年5月31日-6月3日)

示説

  • Matsumoto M, Ogai K, Aoki M, Urai T, Yokogawa M, Kobayashi M, Sugama J: Effect of weight loss on the dermal structure and oxidative stress of skin in overweight and obese Japanese males.
  • Ogai K, Matsumoto M, Aoki M, Ota R, Hashimoto K, Wada R, Sugama J: Do different removal techniques of bed-bath cleaning agent affect skin physiological function and ceramide content? — comparing water-washing versus wiping.

第13回日本褥瘡学会九州・沖縄地方会学術集会で司会を務めました(佐賀:2016年4月29日)

司会

  • 須釜淳子:「医療関連機器圧迫創傷って、何だか知っていますか?―その対策と予防法について―」(アフタヌーンセミナー)

第55回日本生体医工学会大会で発表しました(富山:2016年4月26-28日)

示説

  • 大桑麻由美,藤本由美子,大貝和裕,鈴木基子,臺美佐子,松本勝,須釜淳子:非侵襲的陽圧換気療法のマスク装着による皮膚変化と表面皮膚温の観察
  • 松本勝,大貝和裕,青木未来,井内映美,小林正和,臺美佐子,須釜淳子:高周波超音波画像装置による真皮構造アセスメントのためのファントムの作成と評価

Indonesia Enterostomal Therapy Nurses Associationで発表しました(ジャカルタ:2016年4月23-24日)

口演

  • Haryanto, Arisandi D, Suriadi, Imran, Ogai K, Sanada H, Okuwa M, Sugama J: Relationship between maceration and wound healing on DFU’s in Indonesia: A prospective study.

第121回日本解剖学会総会・全国学術集会で発表をしました(郡山:2016年3月27-30日)

口演

  • 中谷壽男、中島由加里、小松恵美、浦井珠恵、浅野きみ、向井加奈恵:三角筋・中殿筋の筋肉内注射(筋注)部位選定の方法

19th East Asisn Forum of Nursing Scholarsで発表をしました(千葉:2016年3月14-15日)

示説

  • Marutani A, Okuwa M: Wound-related pain during the dressing change process in patients receiving palliative care.

第12回日本褥瘡学会中部地方会学術集会で発表をしました(仙台:2016年3月5-6日)

口演

  • 大桑麻由美、藤本由美子、越田貴美子、須釜淳子:NPPV療法導入患者におけるNPPVマスク圧迫創傷

第35回日本看護科学学会学術集会で発表をしました(広島:2015年12月5-6日)

口演

  • Iuchi T, Yokono T, Matsui K, Dai M, Sugama J: Effect of orientation of vibration on leg blood flow in healthy women.

第45回日本創傷治癒学会で発表しました(東京:2015年11月30日-12月1日)

口演

  • 中谷壽男,小松恵美,浅野きみ,向井加奈恵,浦井珠恵,中島由加里:鼡径リンパ節を郭清した下腿に作製した創傷は治癒が遅延するか
  • 須釜淳子,武田利明,真田弘美:医療関連機器圧迫創傷発生の機器別実態.
  • 大桑麻由美,藤野陽,井内映美,臺美佐子,須釜淳子:振動マッサージによる下肢末梢動脈疾患患者の末梢血流促進効果
  • 仲上豪二朗,北村言,大江真琴,Defa Arisandi,Haryanto,大貝和裕,須釜淳子,峰松健夫,真田弘美:糖尿病性足潰瘍におけるバイオフィルム除去と治癒との関連―Wound Blotting法による検証―
  • 向井加奈恵,浦井珠恵,浅野きみ,中島由加里,須釜淳子,中谷壽男:Estradiol Benzoateの創部塗布による皮膚創傷治癒への効果―肉眼的検討―
  • 土屋紗由美,Haryanto,Imran,丸山翔,松本勝,須釜淳子,田端恵子:SCシステム搭載型エアマットレスによるスモールチェンジ効果-寝たきり高齢者におけるケーススタディ-
  • Defa Arisandi,松本勝,大江真琴,仲上豪二朗,四津里英,玉木毅,須釜淳子,真田弘美:Evaluation concurrent validity of the new diabetic foot ulcer assessment scale in Indonesia

第3回看護理工学会学術集会で発表しました(京都:2015年10月10-11日)

口演

  • 遠藤瑞穂,紺家千津子,須釜淳子:ABCD-Stomaケアアプリによる看護師の作業時間への効果
  • 熊谷あゆ美,大野直樹,宮地利明,須釜淳子:MRIを用いた底づき現象可視化に向けたマットレス撮像の検討

示説

  • 青木未来,大貝和裕,小林正和,須釜淳子:セラミド動態に着目した脆弱皮膚への保湿剤塗布方法の検討-正常皮膚マウス/ラットを用いた予備実験-
  • 臺美佐子,正源寺美穂,福村友香,前馬宏子,松本勝,大桑麻由美,須釜淳子,島田啓子:上肢リンパ浮腫評価に向けたポケット型超音波画像診断装置による前腕皮下組織厚計測の併存妥当性検証
  • 正源寺美穂,臺美佐子,須釜淳子,福村友香,島田啓子:携帯型超音波診断装置による膀胱内尿量評価の比較検討
  • 福村友香,織田茜,粟野雅代,臺美佐子,正源寺美穂,島田啓子,須釜淳子:成人女性の乳腺評価における携帯型超音波画像診断装置(PUD)の活用可能性の検証

コ・メディカル形態機能学会 第14回学術集会で発表しました(埼玉:2015年9月26日)

口演

  • 浦井珠恵、向井加奈恵、小松恵美、中島由加里、浅野きみ、中谷壽男:三角筋筋肉内注射位置決め器具の使用未経験者における測定部位のずれの検討

「国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会 第5回学術集会」で発表をしました(札幌:2015年9月21日)

示説

  • 土屋紗由美,佐藤文,井内映美,臺美佐子,須釜淳子:長時間の座位姿勢保持高齢者における下肢慢性浮腫の夜間臥床による変化

共同研究成果が第9回看護実践学会学術集会で3演題発表されました(金沢:2015年9月12日)

口演

  • 清水真佐子, 黒木美織, 坂本理沙, 高地弥里山岸愛, 斎藤ねむ,臺美佐子, 土屋紗由美, 佐藤文, 井内映美, 須釜淳子: 第1報:慢性浮腫の有病率および管理主観的評価
  • 高地弥里, 山岸愛, 清水真佐子, 黒木美織, 坂本理沙, 斎藤ねむ, 臺美佐子, 土屋紗由美, 佐藤文, 井内映美, 須釜淳子:慢性浮腫国際疫学調査(金沢スタディ)第2報:慢性浮腫が日常生活とQOLに及ぼす影響
  • 片山美豊恵, 前馬宏子, 臺美佐子:下肢リンパ浮腫に対する包帯材料の基礎的検討~従来法とモビダーム®との比較~

「第17回日本褥瘡学会学術集会」で発表をしました(仙台:2015年8月28-29日)

シンポジウム

  • シンポジウム3 ブラックボックスの急性期褥瘡を解き明かす DTI の診断・介入を入れて
    • 大桑麻由美:急性期褥瘡・皮膚発赤のリスクアセスメント
  • ガイドラインシンポジウム ガイドライン策定作業部会
    • 大桑麻由美:発生予測・皮膚の観察
  • 若手シンポジウム 創傷治癒の基礎
    • 向井加奈恵:基礎研究を知る
―エストロゲンと皮膚創傷治癒の研究を通して―

口演

  • 藤本由美子,大桑麻由美,津田恭子:非侵襲的陽圧換気療法のマスクによる圧迫創傷の発生要因の抽出
  • 藤本由美子,大桑麻由美,須釜淳子,井内映美,浦井珠恵,酒井透江,佐藤文,木下幸子,津田恭子:非侵襲的陽圧換気療法による鼻口マスク密着部の圧迫創傷の実態
  • 土屋紗由美,佐藤文,西澤知江,須釜淳子:体圧および身体アライメント,身体感覚を考慮したスモールチェンジ実施部位の検討
  • 小松恵美,向井加奈恵,浦井珠恵,浅野きみ,中島由加里,中谷壽男:リンパ節切除とリンパ管切断による皮膚創傷治癒への影響
  • 山中知子,田端恵子,松本勝,藤本由美子,浦井珠恵,小松恵美,土屋紗由美,須釜淳子:患者の安眠を目指した夜間体位交換回数減少の取り組みとその評価

第34回日本医用画像工学会で発表をしました。(金沢:2015年7月30日-8月1日)

シンポジウム

  • 2セッション 保健画像工学への展開
    • 臺美佐子,前馬宏子,正源寺美穂,福村友香,松本勝,大桑麻由美,須釜淳子:モバイル型超音波画像診断装置によるリンパ浮腫評価の信頼性・妥当性・実現可能性の検証
    • 井内映美,大野直樹,宮地利明,臺美佐子,須釜淳子:超音波診断画像を用いた皮下組織の組織間液の評価:健康成人における核磁気共鳴画像との比較

「第24回 日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会」で発表をしました(幕張:2015年5月30-31日)

シンポジウム

  • 理事会企画1 コンセンサスシンポジウム
    大桑麻由美:2.調査結果を基に導き出されたベストプラクティス「予防ケア2」
  • 理事会企画2 教育セッション
    須釜淳子:WOCNの実践を継承するためにケーススタディーを投稿しましょう
  • 理事会企画4 認定看護師報告
    須釜淳子:皮膚・排泄ケア認定看護師の将来構想の検討について

口演

  • Dai M, Matsumoto M, Sato A, Iuchi T, Tsuchiya S, Okuwa M, Sugama J: The need for a new index for lymphoedema management
  • Saldy Y, Okuwa M, Sato A, Sanada H, Sugama J: Prevalence and risk factors diabetic foot ulcer: A cross sectional study among DM type 2 in eastern Indonesia.
  • 横野知江,須釜淳子,中山和弘,栃折綾香:コミュニティ利用による皮膚・排泄ケア認定看護師のメンタルヘルスの効果
  • 佐藤文,藤本由美子,Saldy Yusuf,土屋紗由美,井内映美,酒井透江,青木未来,田端恵子,山下明美,松本勝,臺美佐子,須釜淳子:療養施設入所中の高齢者における浮腫および皮膚損傷の有病率および皮膚損傷を起こす皮膚特性に関する研究
  • 市川佳映,須釜淳子:介護療養型医療施設におけるIADの有病率および看護ケア、組織体制との関連
  • 小谷野結衣子,仲上豪二朗,松本勝,酒井透江,井内映美,Saldy Yusuf,須釜淳子,真田弘美:療養病床病院における高齢者ネームバンド装着部位のスキンテア有病率とその特徴に関する調査

「The EWMA 2015 Conference」で発表をしました(ロンドン:2015年5月13-15日)

セッション

  • Guest session: International Lymphoedema Framework Session
  • Sugama J : Chronic Oedema and Wounds - an international perspective

「第15回日本褥瘡学会北海道地方会学術集会」で発表をしました(札幌:2015年3月14日)

教育講演

  • 須釜淳子:褥瘡予防・管理ケア~体圧分散ケアのエピデンス~

18th EAFONSで発表をしました。(台北:2015年2月5-6日)

口演

  • Urai T, Mukai K, Matsushita T, Komatsu E, Nakajima Y, Sugama J, Nakatani T: Influence of obesity on cutaneous wound healing in an obese mouse model fed a high-fat diet
  • Koyano Y, Nakagami G, Iizaka S, Oe M, Sugama J, Sanada H: Development of skin tear assessment tool based on morphological characteristics to estimate the source of external forces in elderly patients.
  • Mugita Y, Minematsu T, Nakagami G, Ichikawa Y, Sugama J, Sanada H: Influence of digestive enzymes on development of incontinence-associated skin lesions: inner tissue damage and skin barrier impairment caused by lipases and proteases in rat macerated skin.

示説

  • Sato A, Fujimoto Y, Yusuf S,Tsuchiya S, Dai M, Sugama J:A study on prevalence of elderly people with edema according to activity at long-term care hospital and nursing home in Japan
  • Matsumoto M, Ogai K, Minematsu T, Nakagami G, Aoki M, Dai M, Sugama J, Sanada H : A decrease in body mass index and its influence on dermal structure in Japanese overweight males

Hokuriku Women Researchers’ Networkシンポジウムで発表をしました(金沢:2014年12月6日)

パネルディスカッション

  • 臺美佐子:若手女性研究者の活躍を目指して

第44回日本創傷治癒学会学術集会で発表をしました(仙台:2014年12月2-3日)

口演

  • 向井加奈恵、小松恵美、中島由加里、浦井珠恵、須釜淳子、中谷壽男:3%蛋白質含有飼料を摂取した卵巣切除マウスの皮膚創傷への17β-estradiol投与の効果

第54回日本看護科学学会学術集会で発表をしました(名古屋:2014年11月29-30日)

口演

  • Matsumoto M, Dai M, Sugama J, Mayumi O, Sanada H : Relationship between dermal echogenicity and skin viscoelasticity in Japanese overweight males

日本看護技術学会第13回学術集会で発表をしました(京都:2014年11月22日-23日)

口演

  • 小松恵美,向井加奈恵,中島由加里,浦井珠恵,中谷壽男:三角筋筋肉注射の際に腋窩神経の走行を推測する方法の正確性と簡便性の検討

日本解剖学会第74回中部支部学術集会で発表をしました(金沢:2014年10月11日‐12日)

口演

  • 向井加奈恵,小松恵美,浦井珠恵,中島由加里,尾崎紀之,中谷壽男:橈骨神経浅枝が皮下へ出現する位置及び橈骨神経浅枝と橈側皮静脈の交叉の位置と頻度に関する解剖学的調査

第2回看護理工学会で発表をしました(大阪:2014年10月4日-5日)

示説

  • 藤本由美子、大桑麻由美、須釜淳子、臺美佐子、Saldy Yusuf:非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)における不適切なマスクサイズと皮膚変化の調査

国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会 第4回学術集会で発表しました(金沢:2014年9月28日)

示説

  • 丸谷晃子,大桑麻由美:緩和ケア領域における浮腫発生状況とその対応
  • 井内映美,佐藤文,大野直樹,臺美佐子,宮地利明,須釜淳子:MRI画像診断装置を用いた下肢皮下組織の組織間液変化の定量的評価法の確立-健康成人によるパイロットスタディ-
  • 佐藤文,井内映美,藤本由美子,松本勝,Saldy Yusuf,臺美佐子、須釜淳子:療養型病床入院中の高齢者における浮腫と皮膚損傷の発生状況

第13回 コ・メディカル形態機能学会学術集会で発表しました(小倉:2014年9月20日)

口演

  • 向井加奈恵、小松恵美、浦井珠恵、中島由加里、尾崎紀之、中谷壽男:ご遺体を用いた橈側皮静脈と橈骨神経浅枝の交叉の位置と頻度の調査

計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウムで発表しました(金沢:2014年9月17-19日)

口演

  • Dai M:The needs of mobile ultrasound in the nursing practice

第16回日本褥瘡学会で発表しました(名古屋:2014年8月29-30日)

コンセンサスシンポジウム

  • 学術委員会委員長 須釜淳子:Medical device related pressure ulcer 予防・管理に関する対策指針策定に向けて

口演

  • 丸谷晃子,大桑麻由美:坐骨神経ブロックにより足趾部の潰瘍による創処置の疼痛が軽減し,容易に行えた1症例
  • 向井加奈恵,小松恵美,中島由加里,中谷壽男:マウスの皮膚全層欠損創への日本産蜂蜜とハイドロコロイド被覆材併用による効果の検証
  • 小松恵美,中島由加里,向井加奈恵,大桑麻由美,中谷壽男:創傷治癒過程の炎症期においてマウスの皮膚全層欠損創へ日本産蜂蜜を使用することによる効果の検討

示説

  • 宮本由香里,佐藤文,須釜淳子:WOCNの同行訪問により褥瘡が改善した1事例

2014 International Lymphoedema Framework (ILF) Conferenceで発表しました(イギリス グラスゴー :2014年6月5-7日)。

セッション

  • Sugama J : Oedema as a risk factor for pressure ulcers

口演

  • Dai M, Maeba H, Okuwa M, Sugama J, Katayama M, Yokoyama K : Changes in skin structure on ultrasonography in primary breast cancer-related lymphedema patients

示説

  • Iuchi T, Sugama J, Sanada H, Dai M, Sato A : Revision of the ILF Health Service Evaluation Dataset for use in multiple languages

5th International Conference on Plasma Medicineで発表をしました(奈良:2014年5月18-23日) 。

示説

  • Nasruddin,Komatsu E,Mukai K, Nakajima Y, Setoyama H, Rahayu E, Nur M, Ishijima T, Enomoto H, Uesugi Y, Sugama J, Nakatani T : Visually non-contact argon plasma jet on microliter water-dropped wound accelerates healing. 

第23回日本創傷・オストミー・失禁管理学会で発表をしました(大宮:2014年5月16-17日)。

示説

  • 大桑麻由美,油谷和恵,藤本由美子,臺美佐子,須釜淳子:末梢動脈疾患患者のフットアセスメントとしての皮膚外観の有用性
  • 木下幸子,石川りえ,紺家千津子,松井優子,須釜淳子,真田弘美:3症例の深部静脈血栓症予防用弾性ストッキングによる脛骨部皮膚障害の形態と身体的特徴

口演

  • 伊吹愛,峰松健夫,吉田美香子,飯坂真司,野口博史,松本勝,森武俊,須釜淳子:肥満皮膚における皮膚の機械的脆弱性に対する遺伝子多型の関与 ―真皮コラーゲン密度とHeme oxygenase-1遺伝子GT反復配列の解析―
  • 真田弘美,仲上豪二朗,小谷野結衣子,飯坂真司,須釜淳子、紺家千津子,杉山徹,田端恵子,療養病床病院における四肢のスキンテアの3か月累積発生率および関連因子の検討:前向きコホート研究
  • 紺家千津子,木下幸子,真田弘美,須釜淳子,松井裕子,松尾淳子,西澤知江,大桑麻由美:皮膚障害発生時の受診行動につなげるABCD-Stomaを活用した教育教材の評価と課題
  • 臺美佐子,大桑麻由美:糖尿病患者のフットケア行動のセルフエフェカシーと足部皮膚症状との関連
  • Dai M, Katayama M, Iuchi T, Sato A, Okuwa M, Sugama J : Changes structure in skin and subcutaneous tissue on ultrasonography with previous episodes of cellulitis in breast cancer-related lymphedema patients
  • 西澤知江,真田弘美,紺家千津子,大桑麻由美,松井優子,松尾淳子,木下幸子,市川佳映,須釜淳子:皮膚・排泄ケア認定看護師の経験年数と調整力の関連
  • 市川佳映:IAD予防のためのリスクアセスメント指標の紹介と多施設実態調査の報告
  • 佐藤文,井内映美,臺美佐子、山下明美,須釜淳子:高齢者施設入所中の高齢者における下肢浮腫の評価条件の検討 ―3事例における下肢周径の日内変動―
  • 酒井透江,西澤知江,大桑麻由美,溝上佑子,藤本恵美子,佐藤文,松本勝,須釜淳子,真田弘美:皮膚・排泄ケア認定看護師が実施する特定行為における安全性を担保するためのスキル
  • 酒井透江,西澤知江,大桑麻由美,溝上佑子,藤本恵美子,佐藤文,松本勝,須釜淳子,真田弘美:特定行為を実施する皮膚・排泄ケア認定看護師の業務のタイムスタディ
  • 酒井透江:セッション1 特定行為に係る研修制度創設に向けて:施行事業でみえた研修のエビデンス

第12回日本フットケア学会年次学術集会で発表しました(奈良 2014年3月7-8日)。

示説

  • 油谷和恵、大桑麻由美、藤本由美子、臺美佐子、前馬宏子、鈴木基子、池田洋子、須釜淳子、西澤知江:透析患者における足部血流アセスメントの指標の検討

第10回日本褥瘡学会中部地方会学術集会で発表しました(浜松 2014年3月2日)。

口演

  • 藤本由美子、油谷和恵、須釜淳子、大桑麻由美、鈴木基子、臺美佐子、西澤友江、田端恵子:療養型医療施設における高齢者の褥瘡の保有部位の変化

17th East Asian Forum of Nursing Scholars (EAFONS)で発表しました(フィリピン マニラ 2014年2月20-21日)。

口演

  • Matsumoto M, Ibuki A, Sugama J, Minematsu T, Ogai K, Dai M, Nishizawa T, Okuwa M, Nakatani T, Nakagami G, Sanada H. Structural Change and Oxidative Stress of Skin in Japanese Overweight Males.
  • Iuchi T, Hirota A, Tochiori A, Sakai Y, Dai M, Sanada H, Okuwa M, Sugama J. Association Between Treatments and Outcomes in Patients with Upper and Lower Lymphedema.

示説

  • Kimori K, Sugama J, Ura M. Non-invasive Idenfification of Invisible Peripheral Veins to Facilitate Safe Venipuncture in Elderly Patients.

第33回日本看護科学学会学術集会で発表しました(大阪:2013年12月6-7日)。

口演

  • 臺美佐子,西澤知江,松井希代子,大桑麻由美,須釜淳子:地域住民の女性に対する筋肉量と骨量の評価および健康行動との関連―サルコペニア予防の保健指導の必要性―

第15 回北陸PEG・在宅栄養研究会で発表しました(金沢:2013年11月16日)。

口演

  • 西澤知江,臺美佐子,松尾淳子,大桑麻由美,須釜淳子:在宅療養者とその介護者に対する栄養管理の関わり

第43回日本創傷治癒学会で発表しました(大分:2013年11月14-15日)。

口演

  • 向井加奈恵,小松恵美,中島由加里,須釜淳子,中谷壽男:蛋白質栄養不良卵巣切除マウス皮膚創傷への17βエストラジオール経皮投与の効果―肉眼的所見による検証-
  • 中島由加里,向井加奈恵,小松恵美,北山幸枝,須釜淳子,中谷壽男:急性期三度熱傷創における蜂蜜の抗炎症作用の効果
  • 小松恵美,宇野由花,加藤静香,服部真弓,二口美佐子,山崎静,山西未紗,勘坂佳世,山本友美,中島由加里,向井加奈恵,村角直子,大桑麻由美,中谷壽男:皮膚創傷治癒過程に日本産蜂蜜とハイドロコロイド被覆材を併用することによる効果の検討

第5回福井県皮膚潰瘍研究会で発表しました(福井:2013年10月26日)。

教育講演

  • 大桑麻由美教授:看護師としてのフットケアとアセスメントのコツ

第1回看護理工学会で発表しました(東京:2013年10月5日)。

口演

  • 沼倉玲,澤田昌義,坂本二郎,須釜淳子:側臥位における体圧分布および体内応力分布の力学的評価
  • 峰松健夫,堀井素子,大江真琴,須釜淳子,麦田裕子,仲上豪二朗,野口博史,森武俊,真田弘美:スキンブロッティング法の臨床応用 -肥満に伴うTumor Necrosis Factorの皮膚組織内分布の変化-
  • 藪中幸一,松尾淳子,須釜淳子,真田弘美,西村元一:超音波画像による経鼻胃管の挿入位置確認の検討
  • 木森佳子,須釜淳子,宮地利明,中山和也,林静子,真田弘美:目視困難な末梢静脈可視化装置の試作評価 -近赤外光を用いた末梢静脈可視化システムの臨床における可視性評価-

示説

  • 松本勝,伊吹愛,須釜淳子,峰松健夫,臺美佐子,木森佳子,仲上豪二朗,真田弘美:肥満に伴う皮膚酸化ストレスの変化と皮膚構造タイプとの関連 異なる測定部位での検討
  • 津田恭子,大桑麻由美,越野みつ子:医療用テープ貼付による皮膚変化の測定
  • 西澤知江,市川佳映,松本勝,須釜淳子:60歳以上女性の皮膚の特性とスキンケアとの関係
  • 臺美佐子,木森佳子,松本勝,西澤知江,井内映美,藪中幸一,大桑麻由美,須釜淳子:上肢リンパ浮腫に対するリンパドレナージ前後における超音波画像の定量的分析
  • 松井優子,村山陵子,田邊秀憲,大江真琴,須釜淳子,紺家千津子,元雄良治,我妻孝則,木下幸子,坂井恵子,真田弘美:サーモグラフィーを使用した点滴静脈内注射の血管外漏出のアセスメントの検討

24th International Society of Lymphology Congressで発表しました(ローマ:2013年9月16-20日)。

口演

  • Misako Dai, Mihoe Katayama, Junko Sugama, Mayumi Okuwa, Takeshi Ueyama, Tomoko Minamiyama, Keiko Ota, Terumi Iuchi, Masaru Matsumoto, Toshio Nakatani, Hiromi Sanada:Assessment of Skin Hardness and Imaging of the Skin and Subcutaneous Tissue Using Dual-frequency Ultrasonography Before and Just after Lymph Drainage of Breast Cancer-Related Lymphedema

コ・メディカル形態機能学会第12 回学術集会で発表しました(広島:2013年9月14日)。

口演

  • 小松恵美,向井加奈恵,中島由加里,尾崎紀之,中谷壽男:ご遺体での三角筋筋注部位の位置決め器具を使用と使用しない方法での位置の比較

XXIII International Symposium on Morphological Sciencesで発表しました(新潟:2013年9月10-13日)。

示説

  • K. Mukai, Y. Nakajima, E. Komatsu, J. Sugama, T. Nakatani:17β-estradiol promotes cutaneous wound healing in 24-week ovariectomized female mice by modulating wound inflammation and promoting wound contraction
  • E. Komatsu, M Hattori, M Yamanishi, M Hutakuchi, K Kanzaka, Y Uno, S Yamazaki, S Kato, T Yamamoto, Y Nakajima, K Mukai, N Murakado, M Ookuwa, T Nakatani:Study of the effects of combining Japanese honey and a hydrocolloid dressing on skin wound healing

The 21st IUHPE World Conference on Health promotionで発表しました(パタヤ:2013年8月25-29日)。

示説

  • Nishizawa T, Sugama J, Shimizu J, Omote S, Hiramatsu T, Ichikawa Y, Mitsumura M, Ohtake S:Assessing the effectiveness of community-based health promotion services

第15回日本褥瘡学会で発表しました(神戸:2013年7月19-20日)。

口演

  • 松尾淳子,橋本美香,西山順子,須釜淳子,真田弘美:ウレタンフォームマットレスの「へたり度」と体圧分散への影響
  • 福田守良,臺美佐子,西澤知江,松本勝,野口健史,仲上豪二朗,田端恵子,大桑麻由美,真田弘美,須釜淳子:高齢者における車椅子用体圧分散クッション利用時の底づきの実態
  • 栃折綾香,池野二三子,西澤知江,大桑麻由美,須釜淳子:皮膚・排泄ケア認定看護師による褥瘡保有者退院後療養先の医療・福祉職への褥瘡ケア支援
  • 西澤知江,真田弘美,南由起子,須釜淳子,大桑麻由美,紺家千津子,松井優子,木下幸子,松尾淳子,市川佳映:皮膚・排泄ケア認定看護師が褥瘡管理活動を行う上で抱えるストレス
  • 栃折綾香,池野二三子,西澤知江,大桑麻由美,須釜淳子:褥瘡保有者の退院前後連携における皮膚・排泄ケア認定看護師参画の効果

ワークショップ

  • 褥瘡対策用具推進委員会 藤本由美子:褥瘡対策用具選択のポイント
  • 危機管理委員会:日本褥瘡学会における危機管理システムの構築‐進捗状況2013‐ 佐藤文:ケア支援

シンポジウム

  • 学術委員会 須釜淳子,松井優子,鎌田直子,川上重彦:Medical Device Related Pressure Ulcer

The 20th IAGG World congress of gerontology and geriatricsで発表しました (ソウル:2013年6月23-27日)。

示説

  • Yoshie ICHIKAWA, Hiromi SANADA, Chizuko KONYA, Gojiro NAKAGAMI, Saldy YUSUF, Supriadi, Junko MATSUO, Takeo MINEMATSU, Yuko YAMAMOTO and Junko SUGAMA:Assessment of skin macaration as an indicator of risk of incontinence associated dermatitis
  • Tomoe Nisizawa, Junko Sugama, Seto Iino, Saki Okubo, Yuki Sawada, Chisato Sugimoto, Masumi Douno, Shoko Yokoyama, Aya Akagawa, Shiho Okayama:Association Between Health Literacy and the Health Behavior or Healthy Weight of Individuals Aged Over 65 Years in Japan

第22回日本創傷・オストミー・失禁管理学会で発表しました(静岡:2013年5月24-25日)。

口演

  • 栃折綾香,西澤知江,大桑麻由美,須釜淳子:地域の褥瘡ケアに従事する看護・福祉職の実践と抱える問題
  • 松本勝,須釜淳子,峰松健夫,仲上豪二朗,伊吹愛,堀井素子,真田弘美:超音波画像を用いた肥満者の皮膚構造の非侵襲的評価 肥満度測定部位との関連

認定看護師委員会企画パネルディスカッション

  • 西澤知江:認定看護師の役割開発に必要な能力とそのプロセス

理事会企画パネルディスカッション

  • 栃折綾香:皮膚・排泄ケア認定看護師が褥瘡保有者の退院前後に褥瘡ケア支援を行った効果

第118回日本解剖学会総会・全国学術集会で発表しました(2013年3月28~30日香川サンポートホール高松・かがわ国際会議場) 。

口演

  • 中島由加里,向井加奈恵,井内映美,小松恵美,北山幸枝,尾崎紀之,中谷壽男:新しい殿部筋肉内注射部位「新殿筋注点」の生体と御遺体における注射針刺入による神経・血管の損傷の検討

第9回日本褥瘡学会中部地方会学術集会で発表しました(2013年3月10日岐阜 長良川国際会議場)。

口演

  • 大桑麻由美,Saldy Yusuf,臺美佐子,西澤知江,須釜淳子:インドネシアの1クリニック(Wound Care Clinic)における褥瘡ケアとその課題
  • 栃折綾香,西澤知江,大桑麻由美,須釜淳子:皮膚・排泄ケア認定看護師が参画する褥瘡保有患者退院支援のスタッフへの効果

第27回日本がん看護学会学術集会で発表をしました(石川 金沢市アートホール 2013年2月16-17日)。

口演

  • 井内映美,村上恵美,片山美豊恵,南山朋子,樋口麻衣子,井口智絵,孫田樹里,臺美佐子,大桑麻由美,須釜淳子:移行期・長期管理期にあるリンパ浮腫患者のアウトカムが向上するケア内容

第11回日本フットケア学会 第5回日本下肢救済・足病学会合同学術集会で発表をしました(神奈川 横浜パシフィコ 2013年2月9-10日)。

シンポジウム

  • 大桑麻由美:看護教育におけるフットケア教育

示説

  • 大桑麻由美,臺美佐子,西澤知江,須釜淳子,大竹裕志,酒井透江,油谷和恵,前馬宏子:皮膚外観の定量的解析と虚血肢重症度との関連

The 6th International Conference on Plasma Nanotechnology and Science (IC PLANTS 2013)で発表をしました(岐阜 下呂交流センター 2013年2月2-3日)。

口演

  • Nasruddin, Nakajima Y, Mukai.K, Ishijima T, Enomoto H, Uesugi Y, Sugama J, Nakatani T :Effect of Cold Plasma Jet Treatment on Full-thickness Wound Healing

第42回 日本創傷治癒学会で発表しました(北海道 かでる2.7 2012年12月2-4日)。

口演

  • 大桑麻由美,須釜淳子,岩崎清美,越田貴美子:光触媒機能付き消臭カーテンの臨床効果2
  • 向井加奈恵,中島由加里,須釜淳子,中谷壽男:17ß-estradiol経皮投与の皮膚創傷治癒促進効果:卵巣切除した高齢マウスモデルにおける検証
  • 中島由加里,向井加奈恵,北山幸枝,大桑麻由美,須釜淳子,中谷壽男:蜂蜜が熱傷創のzone of stasisに及ぼす影響
  • 仲上豪二朗,吉田智,松本勝,小谷野結衣子,須釜淳子,真田弘美:褥瘡部洗浄効果の客観的評価法を取り入れた教育方法の構築に向けた基礎的検討-迅速細菌数測定装置を用いて-
  • 丸谷晃子,岩崎清美,越田貴美子,西澤知江,大桑麻由美,須釜淳子:がん患者におけるデュアルフィットエアマットレス使用時の寝心地と褥瘡予防の検討

第72回日本解剖学会中部支部学術集会で発表しました(岐阜 じゅうろくプラザ 2012年10月13-14日)。

口演

  • 中島由加里,向井加奈恵,井内映美,北山幸枝,尾崎紀之,中谷壽男:新しい殿部筋肉内注射部位「新殿筋注点」とクラークの点の解剖体における比較研究:注射針刺入に関する検討 演者

コ・メディカル形態機能学会第11回学術集会(東京 首都大学東京荒川キャンパス 2012年9月22日)で発表しました。

口演

  • 中島由加里,向井加奈恵,井内映美,北山幸枝,中谷壽男:新殿筋注点とクラークの点の生体における比較研究:関節拘縮と刺入針の深さの検討

第6回看護実践学会学術集会で発表しました(石川 石川県立看護大学 2012年9月22日)。

口演

  • 井内映美,福田守良,大桑麻由美,西澤知江,須釜淳子:体圧分散寝具の圧再分配機能を妨げないベッドメーキング法

第11回 日本看護技術学会学術集会(福岡 2012年9月16-17日)で発表しました。

口演

  • 藪中幸一,仲上豪二朗,松尾淳子,須釜淳子,小柳礼恵,真田弘美:高齢者の便秘における画像的評価の検討
  • 紺家千津子,山崎松美,内田真紀,松井優子,大桑麻由美,須釜淳子,真田弘美:看護師のドレーン排液におけるヘモグロビン濃度のアセスメント能力の検証
  • 中島由加里,中谷壽男:殿部筋肉注射部位の新しい決定法の検討:生体と解剖体におけるクラークの点との比較

示演

  • 原明子,松尾淳子,道重文子,藪中幸一,中谷壽男:静脈穿刺における肘窩の神経と動脈の位置関係について―超音波画像による検討―(第1報)
  • 松尾淳子,原明子,道重文子,藪中幸一,中谷壽男:静脈穿刺における肘窩の神経と動脈の位置関係について―超音波画像による検討―(第2報)

4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies (WUWHS)(神奈川 横浜パシフィコ 2012年9月2-6日)で発表しました。

Panel Sessions

  • Sugama j , Sanad H , Matsuo J: Innovetions in active and reactive support surfaces

Free Paper Session

  • Nishizawa T, Togari T, Sanada H, Konya K, Okuwa M, Matsui Y, Shigeta Y,Tochiori : AMotivation and attitudes affecting skills of wound ostomy and continence nurse in systemic management of pressure ulcers
  • Nakajima Y, Mukai K, Kon Y, Kitayama Y, Nishizawa T, Okuwa M, Sugama J, Nakatani T:Effects of honey on acute-phase deep burn wounds
  • Saldy Yusuf, Sukmawati, Sulaiman , Awaluddin, Okuwa M, Sugama J, Toshio, Nakatani T, Shigeta Y, Inagaki M, Iuchi T:Microclimate and development of pressure ulcers and superficial skin changes
  • Supriadi Adi, Pakundus, Ernanda Yayan, Stephani, Namsin, Sugama J, Okuwa M, Matsuo J, Nishizawa T, Nakatani T:Nterfacepressure and pressure gradient with pressure ulcer development, shape of morphological of pressure ulcers, and pressure ulcer incidence in intensive care units in Pontianak, Indonesia

Poster Session

  • Fukuda M, Nishizawa T, Iuchi T, Matsuo J, Sugama J:Interaction of sheet stretch with bedmakin methosa alters the pressure redistribution of an air mattress
  • Matsumoto M, Kurokawa A, Kon Y, Shimizu A, Kanaoka M, Hishida A, Matsuo J, Inagaki M, Shigeta Y, Sugama J:Influence of differnces in washing methods on skin texture and color
  • Kon Y, Kurokawa A, Matsumoto M, Shimizu A, Kanaoka M, Hishida A, Matsuo J, Inagaki M, Shigeta Y, Sugama J : Influence of differnces in wasing method on skin barrier function
  • Mukai K, Nakajima Y, Urai T, Haryant , Hara Y, Takata K, Kitayama Y, Sugama J, Nakatani T:The effect of estrogen endermic medication on cutaneous wound healing in aged ovariectomized female mice
  • Shigeta Y, Sugama J, Saldy Yusuf, Supriadi , Kon K, Nakagami G, Minematsu T, Konya C, Sanada H: Visual characterristics skin maceration of the buttocks in elderly female patients with urine and /or feces incontinence
  • Iuchi T, Horii M, Sanada H, Okutsu M, Yoshizawa T, Kimura E, Arai Y, Nakagami G, Okajima S, Sugama J:Iinvestigation of content-related valisity evidence and operability of health service evaluation date set (Japanese web version)
  • Saldy Yusuf, Yusuf Hm, Sukmawati, Sulaiman, Awaluddin, Sugama J:Clinical trial efectiveness of Cutisorb© ultra asthe superabsorbent dressing in pressure ulcercategory IV

第14回日本褥瘡学会学術集会(神奈川 横浜パシフィコ 2012年9月1-2日)で発表しました。

教育口演

  • 大桑麻由美:踵の褥瘡に必要なフットケア
  • 須釜淳子:齢者における座位時に発生する褥瘡の予防・管理

学術委員会 医療機器関連圧迫創に関する指針の策定

  • 須釜淳子:学術委員会の3年間の活動方針

在宅褥瘡予防・治療ガイドブックの改訂

  • 須釜淳子:指針作成およびガイドブック改訂のポイント

口演

  • 西澤知江,松尾淳子, 稲垣美佐子, 須釜淳子, 真田弘美, 仲上豪二朗, 大江真琴, 紺家千津子, 大桑麻由美, 松井優子, 繁田佳映:地域医療における褥瘡管理成功に至る要因・プロセスに関する研究
  • 向井加奈恵, 中島由加里, 浦井珠恵, 北山幸枝, 須釜淳子, 中谷壽男:24週の卵巣切除マウスへの17βエストラジオール経皮投与が皮膚創傷治癒へ与える影響
  • 中島由加里, 今有香, 向井加奈恵, 北山幸枝, 大桑真由美, 中谷壽男:皮膚創傷治癒過程における雄マウスへのエストロゲン経皮投与の効果の検証

第2回国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会学術集会(青森 青森県立保健大学2012年8月11日)

特別講演

  • 須釜淳子:ILF Health Service Evaluation Datasetの開発経緯

示説

  • 井内映美,真田弘美,奥津文子,吉沢豊予子,木村恵美子,荒井よう子,仲上豪二朗,須釜淳子;ILF Health Service Evaluation Dataset の項目修正

第4回 International Lymphoedema Framework (ILF) Conference(フランス モンペリエ 2012年6月28-30日)で発表しました。

Workshop

  • Junko Sugama:a Health Service Evaluation Dataset (HSED) tool

Main Session

  • Junko Sugama:Japan: ILF Dataset implementation

Plenary session

  • Junko Sugama:Health Service Evaluation DataSet report

Poster Session

  • Terumi Iuchi, Hiromi Sanada, Ayako Okutsu, Toyoko Yoshizawa, Emiko Kimura, Yoko Arai, Gojiro Nakagami, Sizuko Okajima, Maho Takeuchi, Junko Sugama:A comparison of the Japanese and English versions of the ILF Health Service Evaluation Data Set and assessment of their content-related validity and operability

ロボティクス・メカトロニクス講演会2012(静岡 2012年5月29日)で発表しました。

示説

  • 松本勝、根本鉄、須釜淳子、栗田俊治:意識障害のある寝たきり高齢者の睡眠―24 時間脳波測定を行った一例―

22nd Conference of the European Wound Management Association(オーストリア 2012年5月23-25日)で発表しました。

Poster Session

  • Mayumi Okuwa, Hiroko Maeba, Junko Sugama, Hiroshi Otake, Hiromi Sanada:Does the skin form and color indicate hemodynamics lower extremity with peripheral arterial disease?.

第21回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会(神戸 神戸ポートピアホテル・神戸国際会議場 2012年5月11-12日)で発表しました。

口演

  • 堀井素子,須釜淳子,大江真琴,峰松健夫,長瀬敬,赤瀬智子,仲上豪二朗,伊吹愛,真田弘美:超音波画像による肥満者の真皮と皮下脂肪組織の構造変化の抽出ならびに酸化ストレスとの関連性の検討.
  • 小谷野結衣子,仲上豪二朗,繁田佳映,田端恵子,須釜淳子,真田弘美:Incontinence-Associated Dermatitis and its Severity Instrument日本語版の開発.
  • 山本裕子, 峰松健夫, 黄麗娟, 仲上豪二朗, 長瀬敬, 岸千尋, 繁田佳映, 須釜淳子, 真田弘美:便失禁における皮膚浸軟の皮膚損傷リスク : ラットにおけるタンパク質分解性浸軟皮膚の組織障害と細菌侵入.

示説

  • 丸谷晃子,大桑麻由美,須釜淳子:頭頸部腫瘍の皮膚潰瘍に対するモーズ軟膏療法施行中の疼痛と疼痛緩和のプロセス
  • 栃折綾香,須釜淳子:ストーマケアのコンサルテーション方法を検討した一例

第117回日本解剖学会総会・全国学術集会(山梨 山梨大学 2012年3月26-28日)で発表しました。

口演

  • 中島由加里,中野友貴,木下彩香,鶴原友輔,西野華純,林夏海,平床幸穂,不破野苑,横川吉香,宮原愛,望月剛,村角直子,大桑麻由美,安川緑,中谷壽男:日本産蜂蜜の皮膚創傷治癒への効果

第8回日本褥瘡学会中部地方会学術集会(愛知 ウインクあいち 2012年2月11-12日)で発表しました。

ランチョンセミナー

  • 須釜淳子:褥瘡ケアの中の基礎看護技術

口演

  • 福田守良,西澤知江,須釜淳子:シーツ素材とベッドメーキング法の違いによるエアマットレスの体圧分散効果

第41回日本創傷治癒学会(愛知 ウインクあいち 2011年12月5-6日)で発表しました。

口演

  • 中島由加里,江野有香,平田真理子,向井加奈恵,小堀佐和子,杉浦綾乃,竹内麻衣子,谷口美穂,谷崎愛,林明日華,疋島啓子,松尾直樹,和田菜摘,大桑麻由美,中谷壽男:雄マウスへのエストロゲン経皮投与が創傷治癒に及ぼす影響
  • 峰松健夫,山本裕子,黄麗娟,仲上豪二朗,長瀬敬,大江真琴,野口博史,森武俊,須釜淳子,真田弘美:創面ブロッティング(Wound Blotting)法によるゼラチナーゼ活性の創面分布解析
  • 黄麗娟,峰松健夫,仲上豪二朗,長瀬敬,大江真琴,森武俊,野口博史,須釜淳子,真田弘美:高血糖ラット皮膚創傷治癒におけるAcylhomoseline lactoneの上皮化促進メカニズム

国際リンパ浮腫フレームワークジャパン懇話会(仙台 東北大学 2011年10月22-23日)

教育講演

  • 須釜淳子:日本におけるILFリンパ浮腫データの電子化への取り組み

示説

  • 稲垣美佐子,大桑麻由美,井内映美,須釜淳子:超音波診断装置を用いたリンパ浮腫患者に対する徒手リンパドレナージ前後の流体分配のパターンの観察
  • 井内映美,稲垣美佐子,大桑麻由美,須釜淳子:癌治療後のリンパ浮腫患者に対する加振の効果

第71回解剖学会中部支部会(愛知 名古屋大学医学部 2011年10月15-16日)

口演

  • 中島由加里,向井加奈恵,江野有香,大桑麻由美,北山幸枝,中谷壽男:殿部筋肉内注射部位の新たな決定法:クラークの点との位置の比較

コ・メディカル形態機能学会 第10回学術集会・総会(愛知 中部大学 2011年9月17-18日) で発表しました。

  • 中島由加里,向井加奈恵,江野有香,井内映美,大桑麻由美,北山幸枝,中谷壽男:

第13回日本褥瘡学会学術集会(福岡 国際会議場 2011年8月26-27日)で発表しました。

編集委員会講習会

  • 須釜淳子:研究デザイン-臨床で研究を初めてされる方に-

学術委員会プログラム

  • 大桑麻由美:褥瘡予防・管理ガイドライン:第3版の作成に向けて-発生予測・皮膚の観察
  • 松井優子:褥瘡予防・管理ガイドライン:第3版の作成に向けて-アウトカムマネジメント・QOL

口演

  • 丸谷晃子,岩崎清美,越田貴美子,大桑麻由美,須釜淳子:緩和ケア領域における褥瘡発生の実態
  • 浦井珠恵,山口加奈恵,松下達彦,北山幸枝,松尾淳子,須釜淳子,中谷壽男:高脂肪飼料摂取による肥満モデルの作製と皮膚創傷治癒過程
  • 峰松健夫,山本裕子,Sari Yunita,黄麗娟,仲上豪二朗,長瀬敬,須釜淳子,真田弘美:Wound Blotting法-新たな非侵襲的創部アセスメント技術.
  • 飯坂真司,仲上豪二朗,関根里恵,西郷友香,田島奈津美,小柳礼恵,東野琢也,門野岳史,大谷幸子,須釜淳子,真田弘美:デジタル画像解析法を用いた褥瘡の肉芽色と栄養状態・摂取栄養量の関連:第1報 横断的関連
  • Sari Y, Minematsu T, Nakagami G, Akase T, Nagase T, Oe M, Mori T, Sugama J, Sanada H:Activation of MMP-2 and MMP-9 during deterioration of deep tissue injur
  • Sari Y, Minematsu T, Nakagami G, Akase T, Nagase T, Oe M, Mori T, Sugama J, Sanada H:Vibration attenuates the deterioration of deep tissue injury

3rd International Lymphoedema Framework(カナダ トロント 2011年6月16-18日)に参加しました。

Plenary Session

  • Junko Sugama:Launch of ILF Lymphoedema Dataset in Japan

Workshop

  • Junko Sugama:ILF Minimum Dataset

21st Conference of the European Wound Management Association(ベルギー ブリュッセル 2011年5月25-27日)で発表しました。

Poster Session

  • Shinji Iizaka, Gojiro Nakagami, Toshiko Kaitani, Ayumi Naito, Chizuko Konya, Junko Sugama, Hiromi Sanada: Predictive validity of granulation tissue color by digital image analysis for pressure ulcer healing in a prospective cohort study
  • Junko Matsuo, Junko Sugama, Mayumi Okuwa, Chizuko Konya, Hiromi Sanada: Effects on air mattress pressure redistribution caused by differences in bed making
  • Yosie Shigeta, Junko Sugama, Goziro Nakagami, Saldy Yusf, Supriadi, Takeo Minematsu, Yuko Yamamoto, Hiromi Sanada: Relationships between the macerated skin morphology and the hydration states of the stratum corneum and dermis on the buttocks of elderly people with incontinence

第20回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会(石川県 金沢歌劇座/金沢21世紀美術館 2011年5月21、22日)で発表しました。

会長講演

  • 須釜淳子:アドバンストスキンケアの模索

コンセンサスシンポジウム

  • ストーマ周囲皮膚障害の重症度評価スケール(案)の作成
    • 紺家千津子
    • 溝上祐子
    • 上出良一
    • 徳永恵子
    • 真田弘美
    • 仲上豪二朗

◇トピック

  • アドバンスト・スキンケアTHE浸軟
    • 繁田佳映:皮膚に何が起きている?-浸軟皮膚と失禁の関係から

◇口演

  • Sari Yunita, Takeo Minematsu, Gojiro Nakagami, Tomoko Akase, Takashi Nagase, Makoto Oe, Taketoshi Mori, Junko Sugama, Hiromi Sanada:Establishment of Novel Model for Deterioration of Deep Tissue Injury in Rat.
  • 山口加奈恵,浦井珠恵,北山幸枝,須釜淳子,中谷壽男:24週齢の卵巣摘出マウスへの17βエストラジオール経皮投与が皮膚創傷治癒過程の与える影響の肉眼的観察
  • 峰松健夫,山本祐子,黄麗娟,仲上豪二朗,赤瀬智子,長瀬敬,大江真琴,森武俊,須釜淳子,真田弘美:スキン・ブロッティング~皮膚内部の非侵襲的アセスメントツール
  • 山本祐子,峰松健夫,仲上豪二朗,赤瀬智子,大江真琴,長瀬敬,森武俊,須釜淳子,真田弘美:浸軟皮膚における新しいバリア機能評価方法:ドットブロット法によるセラミドの測定
  • 浦井珠恵,山口加奈恵,北山幸枝,須釜淳子,中谷壽男:高脂肪飼料飼育肥満マウスにおける創作製後の体重減少と血清レプチン濃度との関連の検討
  • 杉本隆,峰松健夫,黄麗娟,仲上豪二朗,長瀬敬,赤瀬智子,大江真琴,森武俊,須釜淳子,真田弘美:糖尿病モデルラット皮膚全損欠損創の治癒過程における上皮化の遅延とAquaporin3発現異常
  • 赤瀬智子,長瀬敬,伊吹愛,峰松健夫,仲上豪二朗,黄麗娟,浅田真弓,堀井素子,須釜淳子,真田弘美:肥満糖尿病マウス皮膚における潜在的炎症状態と酸化ストレスの関与
  • 伊吹愛,赤瀬智子,長瀬敬,峰松健夫,仲上豪二朗,堀井素子,大江真琴,森武俊,須釜淳子、真田弘美:肥満糖尿病マウスの皮膚の脆弱性における酸化ストレスの関与
  • 川端貴子,藤牧和恵,上野千笑,松尾淳子,浦井珠恵:体圧分散測定システムを用いたポジショニングにより褥瘡が治癒に至った1例
  • 黒川亜季,清水歩,振動佳奈江,末本詠美,寺西宣子,金岡真規子,土方紗代子,菱田亜祐美,山川真奈,須釜淳子,松井希代子,松尾淳子,稲垣美佐子,繁田佳映,飯坂真司:洗浄法の違いが皮膚形態、皮膚バリア機能、皮膚色に及ぼす影響について
  • 繁田佳映,稲垣美佐子,松尾淳子,須釜淳子:寝たきり高齢者におけるIAD instrumentの使用可能性
  • 駒形和典,仲上豪二朗,玉井奈緒,貝谷敏子,内藤亜由美,岡島静子,加藤啓史,杉本隆,繁田佳映,須釜淳子,真田弘美:パウチを用いた新しい男性用尿失禁管理用具の開発と評価
  • 飯坂真司,紺家千津子,松尾淳子,内藤亜由美,佐々木早苗:デジタル画像解析によるストーマ周囲皮膚色調変化の定量評価の試み:パイロットスタディ
  • 稲垣美佐子,大桑麻由美,須釜淳子,真田弘美:超音波診断装置を用いたリンパ浮腫患者に対する徒手リンパドレナージ前後の皮膚および皮下組織の観察
  • 栃折綾香:重度院外発生褥瘡の改善と再発予防に向けて取り組んだ1例
  • 西澤知江,戸ヶ里泰典,真田弘美,須釜淳子:皮膚・排泄ケア認定看護師における褥瘡管理体制を組織化するための調整力に関するスキルと動機・態度の関連

◇示説

  • 松尾淳子,浦井珠恵,川端貴子,藤牧和恵,須釜淳子:カテキン・ゼオライト配合拘縮用ディスポクッション使用により治癒した足趾褥瘡の1症例
  • 栃折綾香:唇状瘻化した胃瘻の管理に難渋した1例
  • 田端恵子,繁田佳映,須釜淳子:褥瘡保有者に対し高齢者ダイナミッククッションを使用した症例

第88回日本生理学会大会/第116会日本解剖学会総会・全国学術集会合同大会(神奈川県 パシフィコ横浜・会議センター 2011年3月28-30日)で発表しました。(誌面:Journal of Physiological Sciences抄録号での発表となりました。)

示説

  • 山口加奈恵,中谷壽男,浦井珠恵,大桑麻由美:イソフラボンの皮膚全層欠損創治癒への効果:卵巣摘出マウスにイソフラボン含有飼料を摂取させての実験(発表29日)

第7回日本褥瘡学会中部地方会学術集会(富山県 富山国際会議場 2011年2月27日)で発表しました。

ワークショップ

  • 松井優子:ぶっつけ本番症例検討

口演

  • 松尾淳子,須釜淳子,大桑麻由美:看護基礎技術演習における体圧分布測定システム導入による教育評価
  • 稲垣美佐子,浦井珠恵,松尾淳子,藤牧和恵,川端貴子,須釜淳子:褥瘡の治癒困難な症例における創部の特徴

2011年日本褥瘡学会公認 第1回中部地方会教育セミナー(富山県 富山国際会議場 2011年2月26日)で発表しました。

教育セミナー

  • 紺家千津子:疫学とメカニズム

第9回日本フットケア学会年次学術集会(福岡県 アクロス福岡 2011年2月12、13日)で発表しました。

口演

  • 岡島静子,廣田彰男,玉井奈緒,大江真琴,竹原君江,飯坂真司,須釜淳子,真田弘美:一次性リンパ浮腫患者の蜂窩織炎罹患の実態とHRQOLとの関連

第28回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会(福岡県 福岡国際会議場 2011年2月4、5日)で発表しました。

口演

  • 繁田佳映,仲上豪二朗,稲垣美佐子,須釜淳子,真田弘美:高齢者の失禁に起因する皮膚浸軟の有無による皮膚生理機能の違い

第30回日本看護科学学会学術集会(北海道 札幌コンベンションセンター・札幌市産業振興センター 2010年12月3,4日)で発表しました。

口演

  • 飯坂真司,焦麗娟,福田汐里,松尾淳子,須釜淳子,真田弘美:療養型病院入院高齢者における角質水分量低下に関連する皮膚の形態的特性
  • 上田美由紀,須釜淳子,紺家千津子,大桑麻由美,松尾淳子,真田弘美:超音波画像を用いた褥瘡部ポケットの転帰の予測
  • 松本勝,上田美由紀,臺美佐子,松尾淳子,大桑麻由美,紺家千津子,須釜淳子,真田弘美:意識障害のある寝たきり高齢者における深部体温リズム
  • 貝谷敏子,飯坂真司,仲上豪二朗,内藤亜由美,大江真琴,溝上祐子,須釜淳子,真田弘美:皮膚・排泄ケア認定看護師による高度創傷管理技術を用いた褥瘡治療の経済評価

第40回日本創傷治癒学会学術集会(東京都 都市センターホテル 2010年12月2,3日)で発表しました。

口演

  • 山口加奈恵,浦井珠恵,大桑麻由美,中谷壽男:イソフラボン経口投与が卵巣摘出マウスの皮膚創傷治癒過程に及ぼす影響
  • 浦井珠恵,山口加奈恵,松下達彦,北山幸枝,須釜淳子,中谷壽男:高脂肪飼料飼育肥満マウスの皮膚創傷治癒過程

第6回東京大学アドバンスト創傷ケアセミナーで発表しました。

講演

  • 西澤知江:あなたには皮膚・排泄ケア認定看護師のコンピテンシーがあるかー評価指標開発とコンピテンシーを生かす専門教育ー

第9回日本看護技術学会学術集会で発表しました。

キーセッション

  • 褥瘡ケアを解剖するー見えないものをみることがもたらすイノベーションー
    • 須釜淳子:看護学におけるトランスレーショナルリサーチの方法とその具体例

示説

  • 松尾淳子,須釜淳子,真田弘美,大桑麻由美,浦井珠恵:カテキン・ゼオライト配合ディスポ手指拘縮クッション使用効果の検討~皮膚湿潤状態と細菌数の検討~

第9回コ・メディカル形態機能学会学術集会で1題発表しました。

口演

  • 山口加奈恵,浦井珠恵,浅野きみ,中谷壽男:腹腔内投与されたキトサンオリゴ糖により惹起された腹膜炎の電顕像

第13回European Pressure Ulcer Advisory Panel (EPUAP) Meetingで発表しました。

Oral Presentations

  • Haryanto, Tamae Urai, Toshio Nakatani,Junko Sugama:Effectiveness of Indonesia Honey toward acceleration of wound healing: An experimental study in mice (Pilot Study)

第19回日本睡眠環境学会学術大会で1題発表しました。

口演

  • 松本勝,上田美由紀,臺美佐子,福田汐里,根本鉄,松尾淳子,須釜淳子,栗田俊治,真田弘美:意識障害のある寝たきり高齢者の睡眠

第12回日本褥瘡学会学術集会で発表しました。

コンセンサスシンポジウム

  • 褥瘡予防・治療ガイドライン改訂:アルゴリズム・CQの検討
    • 大桑麻由美:皮膚の観察・発生予測

教育講演

  • 須釜淳子:圧再分配と看護技術

編集委員会講習会

  • 須釜淳子:研究デザイン

モーニングセミナー

  • 松尾淳子:全身体圧分布測定器を用いたポジショニング技術の看護教育について

口演

  • 原由里子,黒川佳奈,浦井珠恵,須釜淳子,中谷壽男:17βエストラジオール経皮投与がマウス皮膚全層欠損創の治癒に及ぼす影響
  • 黒川佳奈,原由里子,浦井珠恵,須釜淳子,中谷壽男:MAZ51によるリンパ管新生阻害がマウスの皮膚創傷治癒課程に及ぼす影響
  • 上田美由紀,須釜淳子,紺野千津子,中谷壽男,大桑麻由美,松尾淳子,田端恵子,福田汐里,松本勝,薮中幸一,真田弘美:超音波診断装置にて追跡したポケット腔内の治癒過程
  • 田端恵子,熊谷あゆ美,飯坂真司,大桑麻由美,北川敦子,松尾淳子,紺家千津子,須釜淳子,真田弘美:新マルチパッド型簡易体圧測定器の信頼性と妥当性
  • 貝谷敏子,仲上豪二朗,飯坂真司,須釜淳子,長瀬敬,宮地良樹,館正弘,溝上裕子,真田弘美:皮膚・排泄ケア認定看護師による高度創傷管理技術を用いた褥瘡の重症化防止に関する研究

2010 WOCN/WCET Joint Conferenceで発表しました。

示説

  • Miyuki Ueda,Chizuko Konya,Junko Sugama,Toshio Nakatani,Mayumi Okuwa,Junko Matsuo,Shiori Fukuda,Misako Dai,Hiromi Sanada:Ultrasonographic evaluation of unsual periwound tissues of pressure ulcers

第19回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会で発表しました。

教育講演

  • 須釜淳子:新しいスキンケア指標の模索

口演

  • 上田美由紀,紺家千津子,須釜淳子,中谷壽男,大桑麻由美,松尾淳子,福田汐里,松本勝,藪中幸一,真田弘美:超音波診断装置を用いたポケット内の壊死組織と肉芽組織の観察
  • 飯坂真司,仲上豪二朗,浅田真弓,上田美由紀,小柳礼恵,玉井奈緒,内藤亜由美,紺家千津子,須釜淳子,真田弘美:全層欠損褥瘡における滲出液量推定の予備的検討-DESIGN-Rの応用可能性
  • 駒形和典,峰松健夫,長瀬敬,黄麗娟,仲上豪二朗,赤瀬智子,須釜淳子,真田弘美:ヒト浸軟皮膚の組織学的解析と浸軟モデルラットの作製
  • 焦麗娟,飯坂真司,須釜淳子,福田汐里,松尾淳子,峰松健夫,田端恵子,真田弘美:療養型病院入院中の高齢者の栄養状態と工学的測定による皮膚機能・形態の関連
  • 福田汐里,北川敦子,須釜淳子,真田弘美,紺家千津子,上田美由紀,臺美佐子,松本勝,仲上豪二朗,田端恵子:デジタル画像解析による高齢者ドライスキン回復指標の開発
  • 貝谷敏子,西澤知江,大江真琴,玉井奈緒,仲上豪二朗,飯坂真司,東村志保,溝上裕子,須釜淳子,真田弘美:高度創傷管理技術の導入に必要なシステム構築と課題皮膚・排泄ケア認定看護師へのフォーカスグループインタビューからの検討
  • 小西千枝:消退する発赤が褥瘡発生に至る要因の検討
  • 松尾淳子,須釜淳子,真田弘美,紺家千津子,大桑麻由美,北川敦子:ベッドメーキングの違いによる体圧分散寝具の圧再分配機能の評価
  • 佐藤文:兵庫県看護協会におけるリソースナース活用のためのネットワーク構築への取り組み

第53回日本形成外科学会総会・学術集会で発表しました。

市民公開セミナー

  • 須釜淳子:在宅における褥瘡の予防と治療 臥床時の体圧分散ケア

第2回International Lymphoedema Framework(ILF)カンファレンスで発表しました。

示説

  • Misako Dai, Junko Sugama, Hiromi Sanada, Mayumi Okuwa, Takeshi Ueyama, Mihoe Katayama, Tomoko Yamagami, Kazuko Higi :A randomized, controlled cross over trial of vibration in women with breast cancer-related lymphedema

第6回日本褥瘡学会中部地方会学術集会で2題発表しました。

口演

  • 松尾淳子,須釜淳子,真田弘美,紺家千津子,大桑麻由美,北川敦子,北山幸枝,松井優子:ベッドメーキングがもたらす体圧分散寝具の圧再分配機能低下
  • 道下直美,沖崎裕子,大林浩美,坂東純子,松尾淳子:高齢者用多機能系統圧切り替え型新車椅子クッションの圧分散とズレ評価

第39回日本創傷治癒学会で発表しました。

口演

  • 峰松健夫,伊吹愛,赤瀬智子,仲上豪二朗,黄麗娟,長瀬敬,須釜淳子,真田弘美:メタボリックシンドロームにおける皮膚の形態学的特徴と皮下脂肪細胞のMMPsおよびTIMPsの発現異常
  • 浦井珠恵,中谷壽男,大桑麻由美,松尾淳子:角のある皮膚創傷の治癒過程における瘢痕の形―筋線維芽細胞との関連を中心に―

平成21年度石川県在宅褥瘡セミナーで2題発表しました。

口演

  • 松井優子:褥瘡のアセスメント-DESIGN-Rを知ろう-
  • 紺家千津子:観察から行う創のケア

第8回日本看護技術学会学術集会で2題発表しました。

示説

  • 木森佳子,須釜淳子,紺家千津子,大桑麻由美,松尾淳子,真田弘美,福田汐里,松本勝:視認困難なカテーテル留置用末梢静脈の血管幅・深さ、動脈との位置関係―超音波診断装置による計測―
  • 福田汐里,須釜淳子,真田弘美,紺家千津子,大桑麻由美,仲上豪二朗,松尾淳子,木森佳子:デジタル画像分析による高齢者ドライスキンの定量的解析の有効性

The 1st International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing ScienceでOral Presentations1題、Poster Session3題発表しました。

Oral Presentations

  • Shinji Iizaka, Takeo Minematsu, Hiroe Koyanagi, Miho Oba, Takashi Nagase, Chizuko Konya, Junko Sugama, Hiromi Sanada:Protein loss from pressure ulcer and its associations with wound-related factors and nutritional status

Poster Session

  • Junko Matsuo, Junko Sugama, Hiromi Sanada, Chizuko Konya, Mayumi Okuwa:Validity test of the bedridden elderly buttocks model
  • Nami Masaki, Junko Sugama, Mayumi Okuwa, Junko Matsuo, Hiromi Sanada:The influence of heel microcirculation condition on heel blood flow during offloading assessed by transcutaneous oximetry in ridden older adults
  • Akiko Marutani, Junko Sugama, Hiromi Sanada, Mayumi Okuwa, Chizuko Konya, Junko Matsuo, Mikie Kofuji:Evaluation of the comfort associated with the use of dual-fit-air-cell mattresses for postoperative patients with cardiovascular dieses:A randomized controlled trial

第8回コ・メディカル形態機能学会学術集会で2題発表しました。

口演

  • 原由里子,黒川佳奈,浦井珠恵,大桑麻由美,中谷壽男:筋注で重要な生体の腋窩神経走行推定:後上腕回旋動脈を超音波血流計・診断装置で探索
  • 木森佳子,臺美佐子,中谷壽男,須釜淳子:腋窩における皮神経と皮静脈の走行関係:皮静脈内注射を行うための基礎研究

第11回日本褥瘡学会学術集会で発表しました。

シンポジウム

  • DESIGN-R
    • 松井優子:DESIGN-R開発の経緯
  • 褥瘡予防・管理ガイドライン
    • 大桑麻由美:皮膚の観察
    • 北山幸枝:体位変換
    • 須釜淳子:体圧分散寝具
    • 紺家千津子:スキンケア

ワークショップ

  • 保存的療法を行うか,手術療法を行うか
    • 紺家千津子:皮膚・排泄ケア認定看護師の立場から
  • 褥瘡対策用具の使用法
    • 須釜淳子:看護の立場から
    • 藤本由美子:スキンケア製品について

口演

  • 木森佳子,伊藤美穂,石黒春奈,永井幸恵,中谷壽男,大桑麻由美:無蛋白食がラット皮膚全層欠損創の治癒過程に及ぼす影響 ―筋線維芽細胞と新生血管について―
  • 熊谷あゆ美,奥田鉄人,垣内紀子,神野亜紀子,井上歩,臺美佐子,大桑麻由美,須釜淳子,真田弘美:腹臥位手術における圧力と褥瘡発生の関係
  • 難波名保美,須釜淳子,志渡晃一,炭谷靖子,塚田邦夫,表志津子,大桑麻由美,紺家千津子,真田弘美:在宅で発生した褥瘡の実態と発生要因の検討
  • 赤瀬智子,上田皓平,峰松健夫,仲上豪二朗,黄麗娟,SariYunita,長瀬敬,須釜淳子,真田弘美:創傷におけるクリティカルコロナイゼーション動物モデルの作成
  • 仲上豪二朗,諸星知広,池田宰,相良洋,大田泰徳,長瀬敬,峰松健夫,黄麗娟,須釜淳子,真田弘美:褥瘡部における緑膿菌のバイオフィルム形成能と細菌運動性との関連
  • 峰松健夫,SariYunita,黄麗娟,仲上豪二朗,赤瀬智子,長瀬敬,須釜淳子,真田弘美:褥瘡モデル動物における深部筋組織の損傷と低酸素マーカーHIF-1αの局在―DTIの病態解明をめざして
  • 飯坂真司,仲上豪二朗,門野岳史,小柳礼恵,関根里恵,澤田実佳,紺家千津子,須釜淳子,芳賀信彦,真田弘美:デジタル写真の画像解析による褥瘡の肉芽色評価の信頼性・妥当性と栄養状態との関連の予備的検討
  • 藤川潤子,仲上豪二朗,須釜淳子,松尾淳子,酒井梢,福田汐里,松本勝,臺美佐子,田端恵子,真田弘美:新しい高齢者用ダイナミッククッションにおける圧分散の評価

WOCN 41st Annual Conferenceで1題発表しました。

示説

  • Mayumi Okuwa, Shizuko Omote, Naomi Namba, Junko Sugama, Koichi Shido, Yasuko Sumitani, Kunio Tsukada, Hiromi Sanada.:The prevalence and incidence of pressure ulcers in home care setting in Japan

第18回日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会で2題発表しました。

口演

  • 紺家千津子,井上歩,坂東紀代美,須釜淳子,大桑麻由美,松尾淳子,真田弘美:深達度による褥瘡管理費の実態
  • 須釜淳子,真田弘美,井上歩,仲上豪二朗,繁田佳映,大場美穂,紺家千津子,松尾淳子,田端恵子:高齢者用前側吸収尿失禁パッドにおける尿吸収状態の評価

第5回日本褥瘡学会中部地方会学術集会で1題発表しました。

口演

  • 山田美佳,堂下尚美,窪田直美,和田真,坊昭彦,松尾淳子,須釜淳子,紺家千津子:腹臥位手術における褥瘡予防用皮膚保護材(リモイス®パッド)の効果

第3回北陸創傷マネージメント研究会セミナーで1題発表しました。

口演

  • 福田汐里,臺美佐子,黒川佳奈,松尾淳子,須釜淳子:創傷治療後のスキンケアと皮膚形態との関係

第28回日本看護科学学会学術集会で発表しました。

示説

  • 大桑麻由美,仲上豪二朗,須釜淳子,真田弘美,紺家千津子:振動による血液透析療法患者の下肢末梢循環におよぼす影響
  • 西澤知江,仲上豪二朗,松井典子,萱間真美,真田弘美:皮膚・排泄ケア認定看護師が病院において褥瘡管理体制を組織化するためのコンピテンシ―モデルの構築

○第2回北陸フットケアセミナーで発表しました。

口演

  • 正城奈美,臺美佐子,難波名保美,大桑麻由美,松尾淳子,須釜淳子:寝たきり高齢者における圧迫解除後の踵部微小循環の変化

第2回看護実践学会学術集会で発表しました。

学会企画:共同研究発表

  • 尾崎真裕美,児玉三佐子,角谷香奈恵,寺岡奈緒子,源入寿子,西辻美幸,飯田二三江,西麻紀子,村田絵美,北沢真喜子,山瀬勝己,上田葵子,須釜淳子,紺家千津子,大桑麻由美,松尾淳子,井上歩:深い褥瘡に対する振動器による加振の治癒促進効果

第4回創傷治癒を考える会で発表しました。

口演

  • 難波名保美,紺家千津子,須釜淳子,中谷壽男,大桑麻由美,上田葵子,正城奈美:ポケットを有する褥瘡の治癒過程におけるbFGFとVEGFの推移

福祉工学シンポジウムで発表しました。

口演

  • 瀬野真理,坂本二郎,須釜淳子,松尾淳子:褥瘡防止エアマットレスにおける体圧分散効果の力学的評価

第7回日本看護技術学会学術集会で発表しました。

示説

  • 松本勝,正城奈美,松尾淳子,大桑麻由美,須釜淳子,紺家千津子,真田弘美:デュアルフィットセルエアマットレスの寝心地による有効性評価

第7回コ・メディカル形態機能学会で発表しました。

口演

  • 松尾淳子,須釜淳子,真田弘美,紺家千津子,大桑麻由美,中谷壽男:褥瘡予防具を評価できる寝たきり高齢者臀部モデルの開発
  • 原由里子,黒川佳奈,島村きみ,木元仁美,黒田知佳子,中澤悦子,廣瀬幸恵,宮嶋美穂,渡辺奈穂,山本尚代,大桑麻由美,中谷壽男:腋窩神経の走行を推定するために神経に伴行する後上腕回旋動脈の位置をポケット型超音波血流検知器を用いて測定することの有効性の研究

第10回日本褥瘡学会で発表しました。

教育口演

  • 大桑麻由美:看護師が行う下肢褥瘡の予防と管理

特別シンポジウム

  • 須釜淳子:在宅療養者の褥瘡に関する疫学データ

口演

  • 上田葵子,須釜淳子,紺家千津子:振動がStageⅡ以上の褥瘡に及ぼす効果のランダム化比較試験
  • 飯坂真司,大場美穂,関根里恵,小柳礼恵,仲上豪二朗,青井則之,門野岳史,田端恵子,大谷幸子,大村健二,須釜淳子,真田弘美:創部栄養評価法の開発と創傷治癒予測力の検討-褥瘡保有高齢者の創部栄養状態の横断的検討-
  • 井上歩,須釜淳子,真田弘美,紺家千津子,大桑麻由美,中谷壽男,熊谷あゆ美,上田葵子,松尾淳子,小西千枝,西村元一:褥瘡が未治癒で退院した患者の転帰
  • 黄麗娟,仲上豪二朗,須釜淳子,木下愛,中谷壽男,西澤知江,相良洋,真田弘美:超微細構造学的所見による高血糖が褥瘡の治癒過程に及ぼす影響に関する検討
  • 島村きみ,中谷壽男,須釜淳子,紺家千津子,大桑麻由美,上田葵子,井上歩,難波名保美,正城奈美:マウス皮膚創傷治癒過程におけるリンパ管新生と浸出液との関係
  • 仲上豪二朗,Yunita Sari,飯坂真司,須釜淳子,真田弘美:レーザースペックル血流画像化法を用いた圧迫による虚血性創傷の血流評価
  • 仲上豪二朗,諸星知広,池田宰,相良洋,黄麗娟,Yunita Sari,上田皓平,須釜淳子,真田弘美:褥瘡におけるクオラムセンシングとバイオフィルム形成の関係
  • Yunita Sari,仲上豪二朗,木下愛,黄麗娟,上田晧平,飯坂真司,真田弘美,須釜淳子:Change in creatine kinase concentration in serum and exudate as an indicator of deep tissue injury

The 3rd Congress of the World Union of Wound Healing Societies (Toronto・2008)    で発表しました。

Poster presentations

  • Ueda, A., Sugama, J., Sanada, H., Okuwa, M., Matsuo, J., Inoue, A., Shimamura, K., Nanba, N., Masaki, N., Tabata, K.: Effects of Vibration on the Healing of Pressure Ulcers with Necrotic Tissue. The 3rd Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Poster PW003, Jun 4, 2008.
  • Iizaka, S., Oba, M., Nakagami, G., Okuwa, M., Sugama, J., Omura, K., Sanada, H.: Evaluating Topical Nutritional Status using Wound Fluid from Patients with Severe Pressure Ulcers: A Pilot Study. The 3rd Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Poster PF058, Jun 6, 2008.
  • Inoue, A., Sugama, J., Sanada, H., Konya, C., Okuwa, M., Nakatani, T., Kumagai, A., Matsuo, J., Ueda, A., Konishi, C.: Follow-up Study of Patients with Existing Pressure Ulcers Admitted to Hospitals. The 3rd Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Poster PW062, Jun 4, 2008.
  • Matsuo, J., Sugama, J., Sanada, H., Okuwa, M., Matsui, Y., Inoue, A., Masaki, N., Kouraba, S.: Risk Factors for Pressure Ulcer Development in the Japanese Chairbound Elderly. The 3rd Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Poster PW064, Jun 4, 2008.
  • Sigeta, Y., Nakagami, G., Oba, M., Fujikawa, J., Konya, C., Inoue, A., Ueda, A., Kadono, T., Hiromi, Sanada.: A study of absorbent pads and skin lesions in Japanese elderly incontinence patients at a long-term medical facility. The 3rd Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Poster PW150, Jun 4, 2008.
  • Shimamura, K., Nakatani, T., Inoue, A., Sugama, J., Konya, C., Okuwa, M., Masaki, N., Nanba, N.: Relationship Between Exudate and New Lymphatics During Wound Healing. The 3rd Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Poster PF355, Jun 6, 2008.
  • Nakagami, G., Sanada, H., Kinoshita, A., Morohoshi, T., Ikeda, T., Ohta, Y., Nakatani, T., Sugama, J., Sakamoto, M., Benno, Y.: Does inter-species communication via acylated homoserine lactone signals trigger infection of pressure-induced ischemic wounds by lasIrhlI mutant Pseudomonas aeruginosa?. The 3rd Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Poster PF393, Jun 6, 2008.

第21回日本老年泌尿器科学会で2題発表しました。

示説

  • 繁田佳映,大場美穂,藤川潤子, 仲上豪二朗, 井上歩,上田葵子, 田端恵子, 須釜淳子,真田弘美:尿失禁とおむつが臀部皮膚へ及ぼす影響の検討
  • 大場美穂,繁田佳映,仲上豪二朗,松尾淳子, 井上歩,上田葵子, 藤川潤子, 田端恵子, 須釜淳子, 真田弘美:臀部における皮膚障害の治癒促進・悪化予防を目的とした尿取りパッドの有効性の検討

第27回日本看護科学学会学術集会で発表しました。

シンポジウム

  • 須釜淳子:看護研究のエボリューション-看護の技を極める 「現像解明のためのモデル作成が看護の技を発展させる」

第37回日本創傷治癒学会で発表しました。

口演

  • 中谷壽男,大桑麻由美,島村きみ,須釜淳子,紺家千津子:キトサンオリゴ糖水溶液の皮膚全層欠損部への塗布が創傷治癒過程におよぼす影響

第4回日本褥瘡学会中部地方会学術集会で発表しました。

口演

  • 澤崎尚美,山田美佳,窪田直美,松尾淳子:腹臥位4点支持台使用脊椎手術における褥瘡予防用具の検討(第3報)
  • 斎藤佑希,長谷川稔,藤本学,須釜淳子、竹原和彦:皮膚虚血再灌流のマウスモデルを用いた褥瘡形成機序の検討

第6回コ・メディカル形態機能学会で発表しました。

口演

  • 島村きみ,木元仁美,黒田知佳子,中澤悦子,廣瀬幸恵,宮嶋美穂,渡辺奈穂,山本尚代,大桑麻由美,中谷壽男:キトサンオリゴ糖の皮膚創傷への貼付による皮膚炎の誘起

第3回創傷治癒を考える会で発表しました。

口演

  • 上田葵子,大桑麻由美,紺家千津子,井上歩,島村きみ,難波名保美,正城奈美,須釜淳子,中谷壽男,田端恵子:壊死組織のある褥瘡に対する振動の効果

教育講演

  • 大桑麻由美:踵部潰瘍のアセスメントとケア

第9回日本褥瘡学術集会で10題発表しました。

口演

  • 藤居久美子,須釜淳子,真田弘美,大桑麻由美,紺家千津子,中谷壽男,溝上祐子:NICUにおける圧迫による皮膚障害発生の実態と発生要因
  • 小柳礼恵,田高悦子,真田弘美,紺家千津子,北川敦子:フォーカスグループインタビューを用いた褥瘡予防に対する病棟看護の質評価指標の開発
  • 野村碧,須釜淳子,真田弘美,紺家千津子,大桑麻由美,上田葵子,井上歩,田端恵子,杉山徹,藤牧和恵:StageⅠ褥瘡における振動の治癒促進効果
  • 津田恭子,中谷壽男,須釜淳子,真田弘美,紺家千津子,大桑麻由美,秋月仁美,野村碧,藤居久美子,島村きみ:無蛋白食から蛋白食へ変更時期がラット皮膚全層欠損層の創傷治癒過程に及ぼす影響
  • 仲上豪二朗,真田弘美,酒井梢,西澤知江,須釜淳子:圧切り替え型クッションの開発と評価
  • 黄麗娟,須釜淳子,中谷壽男,真田弘美,北川敦子,西澤知江,仲上豪二朗,島村きみ,井上歩,藤居久美子:圧迫による虚血性創傷の治癒に高血糖が及ぼす影響
  • 吉本未来,須釜淳子,中谷壽男,石川靖子,山下直子,黄麗娟,藤居久美子,島村きみ:ずれの負荷量の違いが褥瘡治癒に及ぼす影響-ラット褥瘡モデルを用いた組織学的検討-
  • 仲上豪二朗,浦崎雅也,真田弘美,西澤知江,酒井梢,須釜淳子:クッションカバーによるハンモック効果の判定
  • 秋月仁美,須釜淳子,真田弘美,紺家千津子,大桑麻由美,中谷壽男,津田恭子,上田葵子,島村きみ,田端恵子:StageⅡ褥瘡の表皮形成期における湿潤環境と治癒状態との関係
  • 井上歩,須釜淳子,真田弘美,紺家千津子,大桑麻由美,中谷壽男,上田葵子,島村きみ,小西千枝,西村元一:褥瘡ケアの質の連続性を保証するシステムの開発(第1報)-褥瘡保有退院者の退院時の実態-

第1回看護実践学会学術集会で1題発表しました。

口演

  • 熊谷あゆ美,井上歩,須釜淳子,紺家千津子,大桑麻由美他:褥瘡保有退院者の実態と転院先の動向

第1回北陸フットケアセミナーで1題発表しました。

口演

  • 大桑麻由美,須釜淳子,大門正一郎,中島桂子,上田律子,瀬戸利子,澤崎真由美,武市道代,段一志,真田弘美:透析療法中の下腿への振動が下肢末梢循環に及ぼす影響

第33回日本看護研究学会学術集会で1題発表しました。

口演

  • 紺家千津子,須釜淳子,大桑麻由美,真田弘美、北川敦子:高齢者における医療用粘着テープ貼付部の接触皮膚炎との関係

SAWC&WHSで7題(口演3題、示説4題)発表しました。

口演

  • Sugama, J., Sanada, H., Nakatani, T., Fujii, K., Okuwa, M., Shimamura, K., Huang, L.: Pressure-induced ischemic wound helaing with shear force toward the caudal side in the rat.
  • Nakagami, G., Takano, M., Sanada, H., Kitagawa, A., Ichioka, S., Sugama, J., Yokogawa, H., Sekiya, N.: Effect of vibration on skin blood flow; an in vivo experimental study in a microcirculatory model.
  • Nakagami, G., Sanada, H., Sugama, J., Morohoshi, T., Ikeda, T., Ohta,Y.: Detection of Pseudomonas aeruginosa quorum sensing signals in an infected ischemic wound: an experimental study in rats.

示説

第26回日本看護科学学会学術集会で2題発表しました。

口演

  • 紺家千津子,大桑麻由美,北川敦子,須釜淳子,真田弘美:急性期病院における発生場所別褥瘡管理の費用対効果
  • 高野学,北川敦子,仲上豪二朗,西澤知江,酒井梢,田高悦子,須釜淳子,真田弘美:褥瘡予防における振動の効果/微小循環可視化モデルを用いた検証

2006 第5回コ・メディカル形態機能学会で1題発表しました。

  • 島村きみ,村中美緒,井上歩,紺家千津子,中谷壽男:キトサンオリゴ糖がマウスの皮膚創傷治癒過程と腹膜に及ぼす影響

第8回日本褥瘡学会学術集会で12題発表しました。

ワークショップ

  • 藤本由美子,真田弘美,須釜淳子:高齢者の座位姿勢における褥瘡発生予測方法の検討

2004年 研究助成Grant

  • 仲上豪二朗,真田弘美,須釜淳子:褥瘡部における細菌量とautoinducerの関係性の解析
  • 荒木真由美,須釜淳子,真田弘美,紺家千津子,大桑麻由美,樋木和子:集中治療室における末梢循環不全患者の踵部血行動態と踵部褥瘡発生との関係-心臓大血管術直後の症例から-

口演

  • 表皮形成期における褥瘡部と創周囲皮膚の水分含有量の分析-1症例の経過-
  • 西澤知江,須釜淳子,真田弘美,北川敦子,大桑麻由美:褥瘡教育プログラム導入後の看護師の創部アセスメントの変化
  • WOC看護認定看護師の勤務形態別褥瘡予防活動の実態と費用効果
  • 0%蛋白食飼育ラットの創傷治癒過程に及ぼす蛋白負荷の影響
  • 仲上豪二朗,浦崎雅也,真田弘美,紺家千津子,久保貴史,川波一美,岩嵜徹治:ドレッシング材から皮膚へのセラミド移行量の定量分析
  • 松尾淳子,真田弘美,仲上豪二朗,紺家千津子,畑中炬恵:縄田厚:リモイスパッド使用による脊椎手術における皮膚損傷予防への取組み~第2報~

示説

  • 浦崎雅也,真田弘美,北川敦子,仲上豪二朗,西澤知江,須釜淳子,野村碧,田端恵子:高齢者における車椅子乗車時の坐圧分布の傾向
  • 酒井梢,仲上豪二朗,真田弘美,北川敦子,田高悦子,西澤知江,浦崎雅也,須釜淳子:体圧測定におけるKINOTEXセンサの有用性検討
  • ずれが褥瘡治癒に及ぼす影響-ラット褥瘡モデルを用いた組織学的検討-

16th Biennial Congress of The World Council of Enterostomal Therapists(WCET)で1題発表しました。

  • Effectiveness of a New Undermining Assessment Device "P‐Light"

第48回日本老年医学会学術集会で2題発表しました。

示説

  • 北川敦子,真田弘美,仲上豪二朗,須釜淳子,紺家千津子,大桑麻由美,田端恵子:高齢者における振動器を用いた下肢血行促進効果の検討 -踵部の褥瘡予防に向けて-
  • ニ村芽久美,須釜淳子,大桑麻由美,真田弘美,紺家千津子,北川敦子,田端恵子:寝たきり高齢者における縦エアセルマットレスの自動体位変換機能の安楽性の評価 -夜間睡眠時の副交感神経活動の測定-

2006 European Wound Management Association (EWMA)で5題発表しました。

Oral presentations

Poster presentations

2006 第4回コ・メディカル形態機能学研究会で1題発表しました。

  • 島村きみ,石田陽子,二山未央,村中美緒,森真由美,中谷壽男,紺家千津子:キトサンオリゴ糖がマウスの皮膚創傷治癒過程に及ぼす影響

2006 第23回日本ストーマリハビリテーション学会で1題発表しました。

  • 紺家千津子,真田弘美,小西千枝,須釜淳子,大桑麻由美,西村元一:社会復帰用装具選択アルゴリズムの妥当性の検討

2005 第2回日本褥瘡学会中部地方会学術集会で2題発表しました。

  • 松井優子,須釜淳子,鈴木基子,間脇彩奈,秋月仁美,藤居久美子,真田弘美,田端恵子,薮内照美:修正版DESIGNおよび、サイズ投入版DESIGNの予測妥当性の検証
  • 秋月仁美,藤居久美子,須釜淳子,紺家千津子,大桑麻由美,真田弘美,田端恵子,藤牧和恵:新しい褥瘡ポケットアセスメント用具(P-Light)の有用性

2005 第25回日本看護科学学会学術集会で1題発表しました。

荒木真由美,須釜淳子,紺家千津子,真田弘美,大桑麻由美,樋木和子:心臓大血管術中における足部の褥瘡発生状況とその要因

2005 第4回日本看護技術学会学術集会で1題発表しました。

  • 鈴木基子,須釜淳子,真田弘美,大桑麻由美,荒木真由美,島村きみ:健康人の下肢における経皮酸素分圧の測定部位に関する検討

2005 European Wound Management Association (EWMA)で6題発表しました。

  • The effect of incontinence on the skin barrier function in the perianal region
  • Wound healing in pressure-related deep tissue injury under intact skin in a rat model.
  • Skin injuries caused by medical adhesive tape in the elderly, and associated risk factors.
  • Relationship between MF distribution and cross and circle scar forms due to contraction of square and circle wound healing.
  • A prospective cohort study of lower extremity pressure ulcer risk among bedfast elderly in Japan.
  • Comparison of the hemodynamics in the sacral region during 90 lateral position between a standard mattress and an air mattress.

2005 第7回日本褥瘡学会学術集会で11題発表しました。 ◇特別企画

  • 踵部の褥瘡予防‐振動による血行促進効果の検討‐
  • 寝たきり高齢者における踵部褥瘡の深達度とAPIおよび治癒期間の関係
  • 松尾淳子,真田弘美,仲上豪二朗,和田真,坊昭彦,畑中矩恵,紺家千津子:4点支持台使用脊椎手術における皮膚損傷予防への取り組み‐褥瘡予防用皮膚保護剤(リモイスRパッド)を使用して‐, 日本褥瘡学会誌, 7(3), 382, 2005, 8月(第7回日本褥瘡学会学術集会, 横浜, 褥瘡学の進歩) ◇一般演題
  • サイズを直接投入するDESIGN(経過評価用)の考案
  • 失禁が殿部の皮膚バリア機能に及ぼす影響
  • 円形と四角形の皮膚創傷治癒過程における創面積の縮小と筋線維芽細胞の分布の関連性 2症例におけるポケットの有無によるサイトカインの比較

パネルディスカッション:早期褥瘡の診断と治療

  • 佐藤美和,真田弘美,紺家千津子,須釜淳子,田端恵子:NPUAP分類Ⅰ度の褥瘡の経過とその転帰の予測,日本褥瘡学会誌,7(3),403,2005,8月(第7回日本褥瘡学会学術集会,横浜)
  • 紺家千津子,真田弘美,須釜淳子,大桑麻由美,北川敦子,田端恵子,杉山徹:高齢者のStageⅡ褥瘡における周囲皮膚洗浄の効果,日本褥瘡学会誌,7(3),404,2005,8月(第7回日本褥瘡学会学術集会,横浜)

ワークショップ :Back to the basis of pressure ulcer medicine 褥瘡のサーベイランス-より良い褥瘡の疫学調査の実施に向けて-

  • 田端恵子,真田弘美,紺家千津子,杉山徹:介護療養型医療施設における9年間の褥瘡対策チームの活動と褥瘡の実態,日本褥瘡学会誌,7(3),449,2005,8月(第7回日本褥瘡学会学術集会,横浜,)

2005 第47回日本老年医学会学術集会で3題発表しました

  • 寝たきり高齢者における下痢便対応おむつの臨床評価
  • 高齢者の褥瘡治癒に及ぼす予後因子の実態と構造
  • 寝たきり高齢者における下肢潰瘍の調査-1年間のコホートスタ ディによる発生要因の検討

2005 8th European Pressure Ulcer Advisory Panel Open Meeting で2題発表しました。

  • Distribution of Myofibroblasts in Pressure Ulcers according to Their Depth.
  • Effect of a New Pressure Ulcer Preventive Dressing on Shear Force Reduction.

研究会報告

  • 森田瞳,真田弘美,須釜淳子,阿曽洋子,足立香代子,田中マキ子,徳永恵子,廣瀬秀行,宮地良樹,森口隆彦:臨床における創傷・オストミー・失禁(WOC)看護認定看護師の医療経済効果-高齢者の褥瘡ケアに焦点を当てて-,日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会誌,9(1):27,2005. (第14回 日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会 ;4月,名古屋)

博士前期課程論文テーマ

平成20年度 金沢大学大学院医学系研究科 保健学専攻 看護学領域臨床看護技術学分野博士前期課程

  • 「腹臥位手術における圧力負荷と褥瘡発生の関係」 熊谷あゆ美
  • 「在宅療養者における褥瘡の実態と発生要因の検討」 難波名保美
  • 「寝たきり高齢者の踵部微小循環状態の相違による加圧部の血流変化」 正城奈美
  • 「心臓血管外科術後患者における2対1エアセルマットレス使用時の寝心地と褥瘡予防のランダム化比較試験」 丸谷晃子

平成19年度 金沢大学大学院医学系研究科 保健学専攻 看護学領域臨床看護技術学分野博士前期課程

  • 「褥瘡が未治癒で退院した患者の転帰」 井上 歩
  • 「StageⅢ・Ⅳ褥瘡における加振の壊死組織除去と肉芽増殖促進効果」 上田葵子
  • 「マウス皮膚創傷治癒過程におけるリンパ管新生の様態と浸出液との関係」 島村きみ

受賞歴

2017

  • 7th International lymphoedema framework conference, LIMPRINT AWARD, Siracusa,Italy, June, 2017(須釜淳子、臺美佐子)

2016

  • 第4回看護理工学会学術集会 学会賞(2016年10月, 岩手県立大学滝沢キャンパス, 盛岡, 岩手県)
    Konya C, Sugama J, Akizuki H, Sanada H. Effectiveness of a non-invasive pressure ulcer undermining measuring device. Journal of Nursing Science and Engineering.
  • 第4回看護理工学会学術集会 学会賞(2016年10月, 岩手県立大学滝沢キャンパス, 盛岡, 岩手県)
    大桑麻由美, 油谷和恵, 鈴木基子, 前馬宏子, 藤本由美子, 臺美佐子, 須釜淳子. 糖尿病患者における皮膚外観を用いた下肢血流低下アセスメント指標の評価.
  • International Society for Biophysics and Imaging of the Skin (ISBS) World Congress 2016, Best Poster Award, Lisbon, Portugal, 2016, June
    Matsumoto M, Ogai K, Aoki M, Urai T, Yokogawa M, Kobayashi M, Sugama J. Effect of weight loss on the dermal structure and oxidative stress of skin in overweight and obese Japanese males. (Matsumoto M.)

2015

  • 第14回 コ・メディカル形態機能学会学術集会 学会奨励賞, 埼玉医科大学 川角キャンパス, 入間郡, 埼玉県, 2015年9月
    浦井珠恵, 向井加奈恵, 小松恵美, 中島由加里, A1:F33, 中谷壽男. 三角筋筋肉内注射位置決め器具の使用未経験者における測定部位のずれの検討. (浦井珠恵.)
  • 国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会 第5回学術集会 学術奨励賞, 北海道大学, 札幌市,北海道, 2015年9月
    土屋紗由美,佐藤文,井内映美,臺美佐子,須釜淳子:長時間の座位姿勢保持高齢者における下肢慢性浮腫の夜間臥床による変化. (土屋紗由美.)
  • 第17回日本褥瘡学会学術集会 大浦賞, 仙台国際センター, 仙台市, 宮城県, 2015年8月
    Mukai K, Komatsu E, Nakajima Y, Urai T, Nasruddin, Sugama J, Nakatani T. The effect of 17β-Eetradiol on cutaneous wound healing in protein-malnourished ovariectomized female mouse model. (向井加奈恵.)
  • 第24回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会 会長賞, 幕張メッセ, 千葉市, 千葉県, 2015年5月
    介護療養型医療施設におけるIADの有病率および看護ケア、組織体制との関連 (市川佳映, 須釜淳子.)
  • 金沢大学 学長表彰, 石川総合スポーツセンター, 金沢, 石川県, 2015年3月 (向井加奈恵.)

2014

  • 第13回 コ・メディカル形態機能学会学術集会 学会奨励賞, 北九州国際会議場, 北九州市, 福岡県, 2014年9月
    ご遺体を用いた橈側皮静脈と橈骨神経浅枝の交叉の位置と頻度の調査. (向井加奈恵, 小松恵美, 浦井珠恵, 中島由加里, 尾崎紀之, 中谷壽男.)
  • 4th International Lymphoedema Framework Conference, ILF Award UK, Glasgow, UK, 2014, June
    Changes in skin structure on ultrasonography in primary breast cancer-related lymphedema patients. (Dai M, Maeba H, Okuwa M, Sugama J, Katayama M, Yokoyama K.)
  • 第23回日本創傷・オストミー・失禁管理学会 学術論文優秀賞, 大宮ソニックシティ, さいたま市, 埼玉県, 2014年5月
    ベッドメーキングの違いがエアマットレスの圧再分配機能に及す影響. (松尾淳子, 福田守良, 井内映美, 西澤知江, 大桑麻由美, 須釜淳子, 紺家千津子, 真田弘美.)

2013

  • 第22回日本創傷・オストミー・失禁管理学会 会長賞, 静岡県コンベンションアーツセンターグランシップ, 静岡市, 静岡県, 2013年5月
    地域の褥瘡ケアに従事する看護・福祉職の実践と抱える問題 (栃折綾香, 西澤知江, 大桑麻由美, 須釜淳子.)

2012

  • 4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies, Poster prize KCL Award, パシフィコ横浜, 横浜, 神奈川県, 2012, September
    The effect of estrogen endermic medication on cutaneous wound healing in aged ovariectomized female mice. (Mukai K, Nakajima Y, Urai T, Haryanto, Hara Y, Takata K, Kitayama Y, Sugama J, Nakatani T.)
  • 第21回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会 学術論文優秀賞, 神戸ポートピアホテル・神戸国際会議場, 神戸市, 兵庫県, 2012年5月
    皮膚・排泄ケア認定看護師が褥瘡管理体制を組織化するための調整力自己評価尺度開発における初期的研究~質的帰納的研究成果に基づいた尺度項目の信頼性と妥当性の検証~. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌. 2011;15(4):282-91. (西澤知江, 戸ヶ里泰典, 真田弘美, 須釜淳子.)

2011

  • 平成23年度日本褥瘡学会 大浦賞
    Development of the DESIGN-R with an observational study: an absolute evaluation tool for monitoring pressure ulcer wound healing. Wound Repair Regen. 2011;19(3):309-15. (Matsui Y, Furue M, Sanada H, Tachibana T, Nakayama T, Sugama J, Furuta K, Tachi M, Tokunaga K, Miyachi Y.)
  • 平成23年度日本生体医工学会北陸支部大会 研究奨励賞, 金沢大学サテライトプラザ, 金沢市, 石川県, 2011年12月
    女性入院高齢者における体温の概日リズムとその対象者の特性 (佐谷茜, 松本勝, 稲垣美佐子, 須釜淳子, 紺家千津子, 根本鉄.)
  • The 21st conference of the European Wound Management Association (EWMA 2011), ポスター賞, Brussels, Belgium, 2011, May
    Effects on air mattress pressure redistribution caused by differences in bed making. (Matsuo J, Sugama J, Okuwa M, Konya C, Sanada H.)

2010

  • 第12回日本褥瘡学会学術集会 大浦賞, 幕張メッセ, 千葉市, 千葉県, 2010年8月
    Relationship between lymphangiogenesis and exduates during the wound-healing process of mouse skin full-thickness wound. Wound Repair and Regeneration. 2009;17(4):598-605. (Shimamura K, Nakatani T, Ueda A, Sugama J, Okuwa M.)
  • 2nd International Lymphoedema Framework Conference, Prize for Best Poster, The Brighton Centre, Brighton, UK, 2010, March
    A randomized controlled cross over trial of vibration in women with breast cancer-related lymphedema. (Dai M, Sugama J, Sanada H, Okuwa M, Ueyama T, Katayama M, Yamagami T, Higi K.)

2009

  • 第8回日本看護技術学会学術集会 大会賞, 旭川市大雪クリスタルホール, 旭川市, 北海道, 2009年9月
    視認困難なカテーテル留置用末梢静脈の血管幅・深さ、動脈との位置関係-超音波損段装置による計測-(木森佳子, 須釜淳子, 紺家千津子, 大桑麻由美, 松尾淳子, 真田弘美, 福田汐里, 松本勝.)

2008

  • 日本褥瘡学会 大浦賞
    A prospective study of blanchable erythema among university hospital patients. Int Wound J, 2008;5(3):470-475. (Konishi C, Sugama J, Sanada H, Okuwa M, Konya C, Nishizawa T, Shimamura K.)

2007

  • Tenth European Pressure Ulcer Advisory Panel Open Meeting, Prize for Best Poster, Oxford, UK, 2007, September
    Career development process of Wound, Ostomy, and Continence Nurses providing pressure ulcer management in Japan. (Nishizawa T, Sanada H, Tadaka E, Kanno Y, Nakagami G, Sari Y.)

2005

  • 平成17年度日本看護科学学会 学術論文奨励賞
    座位姿勢をとる高齢者の褥瘡形成の実態把握調査-褥瘡の形状と車椅子接地形状の関係から-. 日本看護科学学会誌, 2005;24(4):36-45. (藤本由美子, 真田弘美, 須釜淳子.)
  • 日本褥瘡学会 大浦賞
    マウス皮膚における創周囲皮膚の清潔が創傷治癒過程に及ぼす影響 The effects on wound healing by cleansing the skin surrounding wounds on mice. 日本褥瘡学会誌, 2005;7(4):818-826. (北山幸枝, 中谷壽男, 真田弘美, 田中愛, 青木和恵, 佐藤文, 玉井奈緒.)

2004

  • 平成16年度日本褥瘡学会 大浦賞
    Structural model of the prognostic factors affecting healing of pressure ulcers in elderly patients. Japanese Journal of Pressure Ulcers. 2005;7:115-123. (Sugama J, Inagaki M, Sanada H.)
  • European Wound Management Association in Stuttgart, Poster Presentation Best Poster Award, Stuttgart, Germany, 2004
    A prospective cohort study of lower extremity pressure ulcer risk among bedfast elderly in Japan. (Okuwa M, Sanada H, Sugama J, Konya C, Kitagawa A, Tabata K.)

2003

  • 7th European Pressure Ulcer Advisory Panel Open Meeting, Poster Presentation 2nd Prize, Tampere, Finland, 2003, September
    The effect of the thirty-degree tilt position on the shape of pressure ulcers. (Kitagawa A, Sanada H, Sugama J, Konya C, Okuwa M.)
  • 7th European Pressure Ulcer Advisory Panel Open Meeting, Poster Presentation 2nd Prize, Tampere, Finland, 2003, September
    Measuring the pressure at “thickened edges” and “normal edges” of a wound.” (Okuwa M, Sanada H, Sugama J, Konya C, Kitagawa A, Fujimoto Y, Tamai N.)
  • 13th Conference European Wound Management Association, ポスター賞, Pisa, Italy, 2003, May
    Histrogical examination of the distribution change of myofibroblasts in wound contraction. (Tanaka A, Nakatani T, Sanada H, Kitagawa A, Sugama J, Yamazaki M, Tanaka S.)